メールマガジンのご購読

メールマガジンのご購読停止

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ インデックス ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1.中野区産業振興センターからのお知らせ
【1】新型コロナウイルス感染拡大に伴う施設利用について 
【2】動画講座の受講までの流れ
【3】【動画:なかのビジネス創造塾】
    ⇒ 思いを形にしてビジネスアイデアを生み出す (連続講座 第2回目/全8回)
【4】『動画:経営者の経営力アップ』
    ⇒ アンガーマネジメントによるパワハラ防止
【5】【動画:なかのビジネス創造塾】
    ⇒ 今さら聞けない、マーケティングの基礎知識
【6】【動画:なかのビジネス創造塾】
    ⇒ 強靭ビジネスコンセプト作成講座 (連続講座 第3回目/全8回)
【7】Twitterで個人利用情報等を不定期でお知らせしています
2.必読!!『経営ワンポイントアドバイス -第148回-』
    ⇒ コロナ禍における小さなお店の販売促進
      -廃業するか迷っている店主のための3つのヒント-
3.中野区からのお知らせ
    ⇒ ★「新型コロナウイルス対策緊急応援優遇」のご案内
    ⇒ ★セーフティネット保証認定の申請手続きについて
    ⇒ ★中野区産業経済融資をご利用ください
    ⇒ ★【中野区産業経済融資ご利用中の皆さまへ】所在地の変更等がありましたら、速やかに金融機関へ届出を行ってください
    ⇒ ★新型コロナウイルスに関する支援施策について
    ⇒ ★日本政策金融公庫の融資相談会を実施しています
    ⇒ ★「どこでも出張相談」のご案内
    ⇒ ★中野区「お持ち帰り&出前推進事業」を実施しています
    ⇒ ★求人支援サイト「ぐっJOBなかの」のお知らせ
    ⇒ ★【産業交流展2021】特別出展者を募集します!
4.中野区勤労者サービスセンターからのお知らせ
    ⇒ ★勤労者サービスセンター会員募集中!
5.東京信用保証協会からのお知らせ
    ⇒ ◆「新型コロナウイルス感染症」に関する保証制度・相談窓口のご案内
6.東商中野支部からのお知らせ
    ⇒ ◆セミナー・イベントのお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       1.中野区産業振興センターからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う施設利用について
個人利用の中止について
新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、施設安全管理上の観点から、1月9日(土)から当面の間、体育室・小体育室の個人利用を中止しています。再開についてはセンターHP、ツイッター等でお知らせします。ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。

団体利用(会議室・体育施設)について
(1) 緊急事態宣言の再々延長発令(6月1日)となりましたが、緩和措置に伴い体育施設および多目的ホールの貸出を再開致します。

  尚、夜間のご利用については、これまで通り20時までご利用頂けます。
  期間 令和3年6月1日(火)~令和3年6月20日(日)
  ※期間延長が生じた場合は、判明次第ホームページ等で告知いたします。

 また、6月末までのご予約で既にお支払いのお手続きがお済みの団体様で、コロナを理由とするキャンセルは全額還付致します。
 お手続き期限は令和3年7月30日(金)まで承ります。

【2】動画講座の受講までの流れ
 (1) お申込後3営業日以内に、産業振興センターからお申込み確認メールをお送りいたします。
 (2) 有料講座は、指定の口座に受講料をお支払いください。
 (3) 配信日直前に運営事務局から次のご案内をメールでお知らせ致します。
  ① ZOOM参加URL(ミーティングIDとパスコード)
  ② 動画視聴URLと視聴パスワード
  ※受信拒否等により、お知らせが届かないとご視聴ご参加いただけませんのでご注意下さい。
 (4) ZOOMへのご参加、または講座の動画を期間内にご視聴ください。
 (5) 動画のご視聴後は、アンケートにご協力の程、よろしくお願いします。

【3】『動画:なかのビジネス創造塾』(連続講座2回目 こちらは単発の動画視聴となります)
 ≪講 座 名≫ 思いを形にしてビジネスアイデアを生み出す
 ≪動画配信期間≫ 令和3年7月3日(土)~7月11日(日)
 ≪講  師≫ 篠田 法正
 ≪参 加 料≫ 無料
 ≪申込期間≫ 6月30日(水)17時まで
 ≪詳細URL≫ https://nakano-sangyoushinkou.jp/event/5589

【4】『動画:経営者の経営力アップ』
 ≪講 座 名≫ アンガーマネジメントによるパワハラ防止講座
 ≪動画配信期間≫ 令和3年7月10日(土)~7月18日(日)
 ≪講  師≫ 小林 久人
 ≪参 加 料≫ 無料
 ≪申込期間≫ 7月5日(月)17時まで
 ≪詳細URL≫ https://nakano-sangyoushinkou.jp/event/5625

【5】『動画:なかのビジネス創造塾』
 ≪講 座 名≫ 今さら聞けない、マーケティングの基礎知識
 ≪①Zoom開催日時≫ 令和3年7月13日(火)17時30分~19時30分 先着20名
 ≪②動画配信期間≫ 令和3年7月17日(土)~7月25日(日)
 ≪講  師≫ 石崎 公子
 ≪参 加 料≫ 無料
 ≪申込期間≫ 6月21日(月)~7月8日(木)17時まで
 ≪詳細URL≫ https://nakano-sangyoushinkou.jp/event/5656

【6】『動画:なかのビジネス創造塾』(連続講座3回目 こちらは単発の動画視聴となります)
 ≪講 座 名≫ 強靭ビジネスコンセプト作成講座
 ≪①Zoom開催日時≫ 令和3年7月17日(土)13時30分~17時30分(1回目ご参加の方のみ)
 ≪②動画配信期間≫ 令和3年7月24日(土)~8月1日(日)
 ≪講  師≫ 篠田 法正
 ≪参 加 料≫ 無料
 ≪申込期間≫ 6月21日(月)~7月21日(水)17時まで
 ≪詳細URL≫ https://nakano-sangyoushinkou.jp/event/5658

【7】Twitterでも現在のセンター開館情報をお知らせしております。ご確認ください。
 ぜひ、フォローしてください。

 中野区産業振興センター (@nakanossc)
 https://twitter.com/nakanossc

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         2.経営ワンポイントアドバイス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-第148回-
コロナ禍における小さなお店の販売促進
-廃業するか迷っている店主のための3つのヒント-

「もうお店を閉めようか迷っているんです」
コロナ禍の状況下、こんな相談を受けることが増えました。

このコラムを読まれている皆さんは如何でしょうか?
「国の体制が悪い」「中野区の支援が不足している」「顧客に裏切られた」そんな風に感じていませんか?
もし、思い当たることがあればこのコラムがヒントになるかも知れません。

もし、経営に行き詰っている方は、「どこでも出張相談」や「窓口相談」を活用して専門家に相談することをお勧めします。目の前に大きな問題があると、どんなに優秀な方でも視野が狭くなりがちです。第三者の視点と専門家の知見が、決断の後押しになるでしょう。

コロナ禍において、小さなお店(特に飲食店)は大きな打撃を受けています。
一方で、小さな飲食店でも売上を維持しているだけでなく、むしろ売上を伸ばしているお店があります。

厳しい状況でも、それをチャンスととらえて経営力を高めていくか、
国や自治体の支援策に依存していくか、
いずれも経営者自身の選択です。一律に良い悪いの議論をするものではありません。

今月のコラムでは、廃業するか悩んでいる方に向けて、3つのお店の事例から考え方のヒントをお伝えしていきます。

(事例1)先行きが見えず廃業を決めたA店
A店は、ご主人と奥様で切り盛りをするパスタ専門店です。持ち家を店舗にしているので家賃負担が無く、それなりに常連客もついていました。しかし、コロナ禍で状況が一変、ぱったりと客足が途絶えました。自治体の要請にも従い、宅配メニューを充実させるなどしながら営業を続けていましたが、戻らない客足に気持ちが沈んできました。事業改善計画を模索してきましたが、パスタ店は「食を通じて多くの人を幸せにしたい」という思いを実現するための手段であり、コロナ禍が落ち着くまでは充電期間に充てることとして廃業を決意しました。

(ヒント1)事業を始めた目的に立ち返る
A店のように「廃業する」のも重要な選択肢の一つです。A店の場合には、持ち家だったこともありスムーズに動けましたが、廃業するにもお金と手間暇が掛かります。いつ収束するか先の見えない状況下なので、不安や資金繰りと戦いながら神経をすり減らすよりも、次の挑戦に向けた準備期間に充てるという選択もあるということです。

個々のお店で抱えている問題点やお悩みの背景は全て違いますので、ステレオタイプにこれが正解というものはありません。あくまで参考情報として捉えていただければと思います。

大切なことは、自分だけで何とかしようと思い詰めないことです。身近な人でも、専門家でも、話を聴いて貰いながら考えを整理する時間を持つことをお勧めします。身近な人ばかりだと建設的な話になりにくいこともありますので、専門家派遣などをご活用いただくと良いかもしれません。

次回は、残り2つのヒントをお伝えします。

NPO法人中野中小企業診断士会 鈴木佳文

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
中野区産業振興センターでは、起業を目指す方や経営者の皆様に向けて、様々なサービスを提供しています。

厳しい環境下でも、元気に勝ち残っていくために参考となる講座があります。
迷いや悩みのある方は、活用されると良いかもしれません

① 思いを形にしてビジネスアイデアを生み出す https://nakano-sangyoushinkou.jp/event/5589
 様々な問題を打開する発想力を強化するヒントが得られます。

② 強靭ビジネスコンセプト作成講座  https://nakano-sangyoushinkou.jp/event/5658
 コラムにも記載されている「事業の目的に立ち返る」ヒントが得られます

③ 今さら聞けない、マーケティングの基礎知識 https://nakano-sangyoushinkou.jp/event/5656
 お客様をお店に呼び込む仕掛け作りのヒントが得られます

無料経営相談等を検討される方は以下のリンク先をご参照ください。

経営について

今後の講座開催スケジュールは年間予定表をご参照ください
https://nakano-sangyoushinkou.jp/kouzalist-2021.pdf
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          3.中野区からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼▼「新型コロナウイルス対策緊急応援優遇」のご案内

新型コロナウイルス感染症の影響による区内中小企業の業況悪化に対応するため、「中野区産業経済融資」の一部資金について、本人負担率を無利子とする優遇措置を設けています。

【対象資金】
経営安定支援資金(2021年4月1日より新設)

【利用条件】
①経営安定支援資金の利用要件を満たすこと。
②最近1か月(融資あっ旋申込みをする月の前月または前々月)の売上高等が、前々年同月に比して5%以上減少していること。

【受付期間】
2021年4月1日~2021年9月30日

↓詳しくは、以下のURLをご確認ください。
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/218000/d028617.html

▼▼セーフティネット保証認定の申請手続きについて

セーフティネット保証認定の申請については中野区産業振興センター2階で受付中です。
〇申込方法・申込可能時間・必要書類等、詳しくは以下のページから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/218000/d004629.html

▼▼中野区産業経済融資をご利用ください

区内中小企業者金融機関からの資金を借入れる際に、区のあっ旋を受けることで低利な融資の利用や金利の一部補助(利子補給)が受けられる制度です。
【融資の種類】
①一般融資
 事業資金、小規模企業特例資金(中野小口)
②特別融資
 ICT・コンテンツ事業者支援資金、ライフサポート事業支援資金、事業活性化支援資金(それぞれ小口を含みます。)
③創業融資
 創業支援資金
④その他の融資
 商工団体共同資金、共同団体転貸資金、災害特別資金、経営安定支援資金(経営安定支援資金は、2021年4月1日より新設)
各融資の詳細については、下記URLより各融資の紹介ページにてご確認ください。

※一部資金については、一定条件を満たした場合に金利の優遇措置を設けています。
また、一部資金については、東京都中小企業融資制度の要件を満たす場合に、東京都より信用保証料の補助が受けられる場合があります。
詳細については、下記URLより各融資の紹介ページにてご確認ください。

※2021年4月1日(木)より、利用要件など一部変更がございます。
変更後の制度については、下記URLより区のホームページにてご確認ください。

○制度の内容や利用要件等についてはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/218000/d004623.html

▼▼【中野区産業経済融資ご利用中の皆さまへ】所在地の変更等がありましたら、速やかに金融機関へ届出を行ってください

中野区産業経済融資ご利用中の方で、次のケースに該当する場合は速やかに金融機関へ届出をしてください。
・廃業
・法人の場合で、本店登記または主たる事業所の移転
・個人事業者の場合で、住民登録または主たる事業所の移転
・代表者変更
・事業所名変更 等

※区の利子補給終了要件の事実発生に係る金融機関への届出が遅滞した場合、当該事実発生日の翌日以降の期間において区が支払済みの利子補給金額について、金融機関を通じて区に返納していただく場合があります。

○利子補給の終了事由について詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/218000/d004623.html

▼▼新型コロナウイルスに関する支援施策について

中野区や東京都、国などが新型コロナウイルスでお困りの事業者向けの支援策を実施しております。
中野区ホームページでもそれら支援策をまとめたページを作成していますので、ぜひご活用ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/218000/d028811.html

▼▼日本政策金融公庫の融資相談会を実施しています

毎週月曜日10:00~11:00に日本政策金融公庫による融資相談会を産業振興センターで行っています。
創業や規模の拡大だけでなく、コロナ禍での資金繰りの相談にも対応していますので、ぜひご利用ください。
ご希望の方はsangyosinko@city.tokyo-nakano.lg.jpへのメールまたは03-3228-8729へお電話でお申し込みを。
※申込時には「氏名・電話番号・希望日」をお伝えください。
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/218000/d028352.html

▼▼「どこでも出張相談」のご案内

区内中小企業者のみなさまが抱える経営上の悩みについて、中小企業診断士による無料の出張経営相談を行っています。
【対象者】
中野区に主たる事業所を有している中小企業者

【相談日時】
希望する平日の9時~21時(土・日・祝日を除きます。)

【相談場所】
希望する区内の場所(店舗や事務所等)

【相談内容】
経営全般

【申込方法】
①中野区産業振興センター2階(中野区中野2-13-14)に来所
②電話:03-3380-6947
③FAX:03-3380-6949(申込書は下記URLからダウンロードできます。)

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/218000/d004635.html

▼▼中野区「お持ち帰り&出前推進事業」を実施しています

新型コロナウイルスの影響が、外食業界には大きな打撃となっています。区ではテイクアウト需要の高まりを受け、中野区商店街連合会の協力を得て、区内飲食関連店舗の“お持ち帰り商品”や“出前サービス”の紹介を、中野区公式観光サイト「まるっと中野」の中で展開しております。現在、登録店舗を募集していますので、ぜひ売上増加の為にご活用ください。
詳細・登録はこちらから↓↓↓
(登録)https://pro.form-mailer.jp/lp/46c9719e192936

中野区「お持ち帰り&出前推進事業」新型コロナウイルス対策支援【随時更新】

▼▼求人支援サイト「ぐっJOBなかの」のお知らせ

中野区が運営する求人支援サイト「ぐっJOBなかの」で求人募集をしてみませんか?
利用無料で求人情報を掲載できます。毎月平均で約30,000件のアクセスがあり、
スマートフォンにも対応しているので、多くの方に貴社の求人情報をお届けできます。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.job-nakano.net

▼▼【産業交流展2021】特別出展者を募集します!

中野区では、区が重点産業に位置付けている「ICT・コンテンツ関連産業」または「ライフサポート関連産業」を営む事業者の販路拡大・生産性向上を図るため、「産業交流展2021」に出展する区内の中小企業者等を特別出展者として積極的に支援していきます。このたび、特別出展者を30者募集しますので、ぜひ応募をご検討ください。

【産業交流展2021】
2021年11月24日(水)から11月26日(金)まで東京ビッグサイト(南展示棟1~4ホール)にて開催される、中小企業による国内最大級のトレードショーです。

【特別出展者募集期間】
2021年5月6日(月)から6月4日(金)17時まで
※募集期間終了後、受付順により出展者を決定します。ただし、30者以上の応募があった場合は、今回初めて支援を受けて出展する事業者を優先します。

【特別出展者の特典】
(1) 出展小間料(1者最大77,000円)を区が全額負担
(2) 出展経費(出展小間料を除く)を区が補助 ※上限90,000円、補助対象経費の3/4以内
(3) 販路拡大や営業力強化に効果的な出展方法を紹介するセミナー・マッチングミーティングへご招待
応募方法等の詳細は、下記ホームページをご覧ください。
【お問い合わせ】
 中野区 産業振興課 産業係(中野区役所9階16番窓口)
電話 03-3228-8729

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/218000/d020885.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     4.中野区勤労者サービスセンターからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼▼勤労者サービスセンター会員募集中!

福利厚生の充実に会員制の勤労者サービスセンターを利用してみませんか。
おひとり、入会金200円と会費月額500円で、レジャー施設や映画鑑賞の利用補助、観劇・スポーツなどのチケットの割引あっせんなどを利用頂けます。
事業所単位でも、個人でも加入できます。

○詳しくはこちらから(中野区勤労者サービスセンターホームページ)
↓↓↓
https://www.nakano-kinrou.or.jp/
Tel:03-3380-6941
Fax:03-3380-6943

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        5.東京信用保証協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「新型コロナウイルス感染症」に関する保証制度・相談窓口のご案内

当協会では、新型コロナウイルス感染症により事業活動に影響を受けている都内中小企業・小規模企業者の皆さまからの資金繰りに関するご相談をお受けしています。
また、令和3年4月1日から、信用保証料の負担が0.2%となる東京都制度融資「伴走全国」の取扱いを開始していますので、ご活用ください。
各種保証制度及び相談窓口等の詳細については、以下のURLをご覧ください。

【新型コロナウイルス感染症に関する保証制度・相談窓口について】
https://www.cgc-tokyo.or.jp/cgc_covid-19_info_2020-3.pdf

【お問い合わせ先】
東京信用保証協会 新宿支店
TEL:03-3344-2251
※当協会では「新型コロナウイルス感染症」に関する保証制度のほか、経営支援に関する情報などをホームページにてご紹介しております。ぜひご覧ください。
https://www.cgc-tokyo.or.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        6.東商中野支部からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●【オンライン開催】~食品衛生法改正!6月より飲食店導入義務化!~
  HACCP導入のための解説セミナー
 ・開催日  2021年 6月24日(木)
 ・会 場  zoomを使用したオンライン開催
 ・講 師  株式会社ナレッジネットワークス 代表取締役  中島 孝治 氏
 ・申込/詳細 http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107295.html

●【オンライン開催】非対面型事業を安定させていくためには
  ネットショップ立ち上げから、売上を上げていくためのポイント
 ・開催日  2021年 6月23日(水)
 ・会 場  zoomを使用したオンライン開催
 ・講 師  株式会社にぎわい研究所 代表取締役 中小企業診断士 村上 知也 氏
 ・申込/詳細 http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107362.html

●マル経融資
 小規模事業者の方々の経営をバックアップするために商工会議所の推薦にもとづき
 無担保・無保証人で融資を受けることができる日本政策金融公庫の融資制度。
 ご希望・ご不明点等ございましたら、中野支部までご連絡ください!
 ※ご利用には各種条件がございます。必ず以下リンクをご確認ください。
  https://www.tokyo-cci.or.jp/marukei/
 ※審査の結果、ご希望に沿えない場合もございます。予めご了承ください。

<↓↓東商新型コロナ特設ページを開設しております↓↓>
 https://www.tokyo-cci.or.jp/covid-19/

バックナンバーはこちらをご覧ください。

これから起業する方や中小企業の経営改善に役立つ業種別のワンポイントアドバイスを掲載しています。

-第148回-
コロナ禍における小さなお店の販売促進
-廃業するか迷っている店主のための3つのヒント-

「もうお店を閉めようか迷っているんです」
コロナ禍の状況下、こんな相談を受けることが増えました。

このコラムを読まれている皆さんは如何でしょうか?
「国の体制が悪い」「中野区の支援が不足している」「顧客に裏切られた」そんな風に感じていませんか?
もし、思い当たることがあればこのコラムがヒントになるかも知れません。

もし、経営に行き詰っている方は、「どこでも出張相談」や「窓口相談」を活用して専門家に相談することをお勧めします。目の前に大きな問題があると、どんなに優秀な方でも視野が狭くなりがちです。第三者の視点と専門家の知見が、決断の後押しになるでしょう。

コロナ禍において、小さなお店(特に飲食店)は大きな打撃を受けています。
一方で、小さな飲食店でも売上を維持しているだけでなく、むしろ売上を伸ばしているお店があります。

厳しい状況でも、それをチャンスととらえて経営力を高めていくか、
国や自治体の支援策に依存していくか、
いずれも経営者自身の選択です。一律に良い悪いの議論をするものではありません。

今月のコラムでは、廃業するか悩んでいる方に向けて、3つのお店の事例から考え方のヒントをお伝えしていきます。

(事例1)先行きが見えず廃業を決めたA店
A店は、ご主人と奥様で切り盛りをするパスタ専門店です。持ち家を店舗にしているので家賃負担が無く、それなりに常連客もついていました。しかし、コロナ禍で状況が一変、ぱったりと客足が途絶えました。自治体の要請にも従い、宅配メニューを充実させるなどしながら営業を続けていましたが、戻らない客足に気持ちが沈んできました。事業改善計画を模索してきましたが、パスタ店は「食を通じて多くの人を幸せにしたい」という思いを実現するための手段であり、コロナ禍が落ち着くまでは充電期間に充てることとして廃業を決意しました。

(ヒント1)事業を始めた目的に立ち返る
A店のように「廃業する」のも重要な選択肢の一つです。A店の場合には、持ち家だったこともありスムーズに動けましたが、廃業するにもお金と手間暇が掛かります。いつ収束するか先の見えない状況下なので、不安や資金繰りと戦いながら神経をすり減らすよりも、次の挑戦に向けた準備期間に充てるという選択もあるということです。

個々のお店で抱えている問題点やお悩みの背景は全て違いますので、ステレオタイプにこれが正解というものはありません。あくまで参考情報として捉えていただければと思います。

大切なことは、自分だけで何とかしようと思い詰めないことです。身近な人でも、専門家でも、話を聴いて貰いながら考えを整理する時間を持つことをお勧めします。身近な人ばかりだと建設的な話になりにくいこともありますので、専門家派遣などをご活用いただくと良いかもしれません。

次回は、残り2つのヒントをお伝えします。

NPO法人中野中小企業診断士会 鈴木佳文

バックナンバーはこちらをご覧ください。