メールマガジンのご購読

メールマガジンのご購読停止

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ インデックス ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1.中野区産業振興センターからのお知らせ
【1】【経営者の経営力アップ講座】
    ⇒ お店のカタコト英語コミュニケーション術
【2】【経営者の経営力アップ講座】
    ⇒ 理想の人材を確保し、採用後の離職を防ぐための3つの方法
【3】【なかのビジネス創造塾】
    ⇒ 金融機関が見る創業融資審査のポイント
【4】【就労支援】
    ⇒ シニア生涯ワーキングセミナー
【5】【経営者の経営力アップ講座】
    ⇒ 「ゆとり世代」の特徴を活かし戦力にする育て方
【6】【就労支援】
    ⇒ 女性再就職支援セミナー
【7】11月の『施設使用申込抽選会』
    ⇒ 抽選日は11月1日(金)です
【8】Twitterで個人利用情報等を不定期でお知らせしています。
2.必読!!『経営ワンポイントアドバイス -第109回-』
    ⇒ 業務の自動化で効率を上げるRPA
      -急速に発展し続けるRPA-
3.中野区からのお知らせ
    ⇒ ★10/19~11/24「なかのまちめぐり博覧会2019」開催
    ⇒ ★東京都最低賃金について
    ⇒ ★中野区産業経済融資をご利用ください
    ⇒ ★ビジネスフェア出展費用の一部を補助します
    ⇒ ★「どこでも出張相談」中小企業診断士による“無料”の出張相談を行っています
    ⇒ ★求人支援サイト「ぐっJOBなかの」のお知らせ
    ⇒ ★ICT・コンテンツ関連業やライフサポート関連事業の優遇制度をご利用下さい
    ⇒ ★事業活性化支援資金融資をご利用ください
    ⇒ ★創業支援資金をご利用ください
    ⇒ ★区内商店街出店者優遇をご利用ください
    ⇒ ★中野区の利子補給と東京都の信用保証料補助の併用制度をご利用ください
    ⇒ ★【中野区産業経済融資ご利用中の皆さまへ】所在地の変更等は、速やかに金融機関へ届出をしてください
    ⇒ ★マル経融資利子補給のご案内
4.中野区勤労者サービスセンターからのお知らせ
    ⇒ ★勤労者サービスセンター会員募集中!
5.東京信用保証協会からのお知らせ
    ⇒ ◆東京信用保証協会「第28期創業スクール」受講者募集のご案内
6.東商中野支部からのお知らせ
    ⇒ ◆セミナー・交流会のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       1.中野区産業振興センターからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】『経営者の経営力アップ講座』
≪講座名≫
 お店のカタコト英語コミュニケーション術
≪開催日時≫
 2019年11月7日(木) 
 18時30分〜20時30分(受付開始時間:18時45分)
≪概要≫
 中学英語のカタコトでも堂々とコミュニケーションができる方法を学びます。
≪講師≫
 西澤 ロイ
≪参加料≫
 無料
≪応募方法≫
 電話・FAX・産業振興センター2F窓口・ホームページ

【2】『経営者の経営力アップ講座』
≪講座名≫
 理想の人材を確保し、採用後の離職を防ぐための3つの方法
≪開催日時≫
 2019年11月12日(火) 
 18時30分〜20時30分(受付開始時間:18時00分)
≪概要≫
 求める人材が採用できない。採用してもすぐ離職してしまう、とお悩みの経営者の皆様へ。
≪講師≫
 大野 美香
≪参加料≫
 無料
≪応募方法≫
 電話・FAX・産業振興センター2F窓口・ホームページ

【3】『なかのビジネス創造塾』
≪講座名≫
 金融機関が見る創業融資審査のポイント
≪開催日時≫
 2019年11月21日(木) 
 18時30分〜20時00分(受付開始時間:18時00分)
≪概要≫
 創業融資をする側から見た事業計画の評価ポイントを学びます
≪講師≫
 日本政策金融公庫 職員
≪参加料≫
 無料
≪応募方法≫
 電話・FAX・産業振興センター2F窓口・ホームページ

【4】『就労支援』
≪講座名≫
 シニア生涯ワーキングセミナー
≪開催日時≫
 2019年11月26日(火) 
 13時00分〜15時45分
≪概要≫
 1部 これからのライフプランニング
 2部 シニア世代の再就職の現状と考え方
≪参加料≫
 無料
≪応募方法≫
 (公社)長寿社会文化協会 電話(5843)7665

【5】『経営者の経営力アップ講座』
≪講座名≫
 「ゆとり世代」の特徴を活かし戦力にする育て方
≪開催日時≫
 2019年12月5日(木) 
 18時30分〜20時30分(受付開始時間:18時00分)
≪概要≫
 「ゆとり世代」を正しく理解し、その特徴を活かし早期に戦力化するポイントをわかりやすく説明いたします。
≪講師≫
 篭池 哲哉
≪参加料≫
 無料
≪応募方法≫
 11月6日(水)~
 電話・FAX・産業振興センター2F窓口・ホームページ

【6】『就労支援』
≪講座名≫
 女性再就職支援セミナー
≪開催日時≫
 2019年12月17日(火) 
 10時00分〜12時00分
≪概要≫
 「再就職したい!」と思ったらまずは自分自身を知ることからはじめましょう。
≪参加料≫
 無料
≪応募方法≫
 11月6日(水)~
 東京しごとセンター女性しごと応援テラス 電話(5211)2855

【7】11月の『施設使用申込抽選会』のご案内
■開催日
 11月1日(金)
■抽選会受付時間
 体育施設等  2月分 8時45分~9時00分
 会議室等   1月分 9時45分~10時00分
■会場
 産業振興センター内 3階 大会議室
■対象
 目的外登録団体

【8】Twitterで体育室、小体育室の個人利用情報等を不定期でお知らせしています。
 ぜひ、フォローしてください。

 中野区産業振興センター (@nakanossc)
 https://twitter.com/nakanossc

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         2.経営ワンポイントアドバイス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-第109回-
業務の自動化で効率を上げるRPA
-急速に発展し続けるRPA-

前回は、定型業務の効率化や人手不足の解消という観点で、RPAをお伝えいたしました。定型業務に人手が必要で人手不足にお悩みの経営者の方には朗報であったと思いますがいかがでしたでしょうか。

さて、人工知能(以下AI)が急速な発展を見せているのはご存知だと思います。2015年5月、ホーキング博士は今後100年以内に人工知能(以下AIと称する)が人間を超えるだろうと警告しましたが、RPAの可能性については、AI技術が関与するため、今後もさらに発展することが予想されています。

実際に、現状においては、定型業務の自動化という段階を超え、非定型業務の自動化という第二段階の処理も可能になっているのです。
具体的には、従来型のOCR(光学的文字認識)技術ではテキストデータ化できなかった紙や画像中の文字を、文字認識に特化したAI(AI-OCR)により自動でテキストデータ化することや、音声に特化したAI(AI音声認識エンジン)により音声をデータ化することなどです。コールセンターなどでのお客様との会話の内容をテキスト化し回答の候補を表示することによりオペレータの対応への効率化に貢献しています。
更に、過去の販売データ・在庫データを活用し需要を予測し予測した物量に合わせてロボットが自動発注することなども可能になってきています。購買の仕事も任せることができるのです。

このようなRPA導入の検討は早く始めるべきなのでしょうか。かつて、「コンピュータ時代はいたるところに見えるが生産性の統計に表れていない」とIT投資が生産性に結び付いていない状況がありました。しかし、その後の1990年代には米国における生産性は大幅な伸びを記録しました。そしてその原動力がIT投資であったことが現在ではコンセンサスとなっています。生産性の向上が現れるのは、RPAなど新規技術の導入からタイムラグがあるのです。電気という技術が蒸気機関に取って代わったときも同じでした。動力を電気に変えただけで、工場のレイアウトは変わらないときは生産性の向上がみられませんでした。工場のレイアウトが変わった後に生産性は一気に向上したのです。
同様に、RPAの導入が生産性向上を果たすためには、事前に業務プロセスを見直したり、業務の見える化や標準化を行い定型業務を明確化したり、組織体制の見直しや従業員を教育訓練することが必要となります。ですから、できるだけ早い時期に導入の検討を始め、RPAの導入に備えることだけでも業務の効率化につながることでしょう。そして、定型業務に時間を割いていた従業員が付加価値の高い業務に専念するようになってこそ、生産性向上につながるのです。

事例)
A社は、医療や科学分野の翻訳サービスを手掛ける中堅中小企業ですが、OCRと機械翻訳ソフトをRPAと組み合わせて使うことにより、手作業でこなしていた翻訳業務を自動化することに成功しました。このような業務の効率化だけでなく、手作業で行っていた際の翻訳ミスを減少させ翻訳の精度を高めることに成功しました。

現在RPAを導入している企業は、定型業務が多い大企業が中心となっていますが、上記の事例からも、人手不足に直面する中小企業こそ挿入を検討する必要があるのかもしれません。

NPO法人中野中小企業診断士会 堀川 一

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          3.中野区からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼▼10/19~11/24「なかのまちめぐり博覧会2019」開催

10/19(土)~11/24(日)の37日間、「なかのまちめぐり博覧会2019」が開催されます。
期間中は、中野区全体を「博覧会」の会場として、区内の商店街、企業、学校などが企画・運営する84のイベントが各地で行われます。
実施されるイベントは、まち歩きツアーやコンサート、体験、講演、グルメフェス、子ども向けワークショップなど、ジャンルも様々です。ぜひご参加ください。
イベントの詳細については、中野区公式観光サイト「まるっと中野」か区内で配布されているパンフレットをご覧ください。
【パンフレット配布場所】中野区役所、JR中野駅、区の公共施設ほか

▼▼東京都最低賃金について

2019年10月1日より東京都最低賃金が時間額985円から28円引き上がり、時間額1013円となりました。
最低賃金制度は年齢やパート・学生アルバイトなどの働き方の違いにかかわらず、すべての労働者に適応されます。
最低賃金の遵守をお願いします。

詳しくは東京労働局または厚生労働省のホームページをご覧ください。

○東京労働局はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/news_topics/houdou/20190830chinginka.html
○厚生労働省はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://pc.saiteichingin.info/

▼▼中野区産業経済融資をご利用ください

区内中小企業の方が、事業経営の安定や設備の改善などに活用するため、低利で事業資金の融資が受けられるよう、取扱金融機関に対し区が融資をあっ旋し、利子補給を行っています。
一般融資として、最大3,000万円までを本人負担利率1.3%以下で利用できる事業資金、また事業資金より本人負担利率が低利な0.8%以下で最大2,000万円まで利用できる小規模企業者の方を対象とした小規模特例資金があります。資金が必要な際は、ぜひご活用下さい。
さらに一般融資よりも本人負担利率が低利な0.4%以下で利用できる特別融資(ICT・コンテンツ事業者支援資金、ICT・コンテンツ事業者支援資金(小口)、ライフサポート事業支援資金、ライフサポート事業支援資金(小口)、事業活性化支援資金、事業活性化支援資金(小口))もご用意しております。詳細については下記の項目及びURLからそれぞれの融資紹介ページをご覧ください。

※2019年4月1日(月)以降にお申込分については、利用要件など一部変更がございます。
変更後の制度については以下のリンクより区のホームページをご確認ください。

○変更後の制度についてはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d004623.html?path=C1/C60/C63/P4623

▼▼ビジネスフェア出展費用の一部を補助します

2018年度及び2019年度の2年間限定で補助限度額を2万円増額します!自社製品やサービスを広くPRするチャンスです!
区内産業の振興を図るため、中小企業者が販路拡大を目的とするビジネスフェアに出展する場合に出展費用の一部(対象経費の1/2以内、最大で60,000円)を補助します。ICT・コンテンツ関連業、またはライフサポート関連事業を営む事業者につきましては、補助率の優遇制度(対象経費の3/4以内、最大90,000円の補助)があります。是非ご活用ください。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d016116.html

▼▼「どこでも出張相談」中小企業診断士による“無料”の出張相談を行っています

区内中小企業経営者の皆様が抱える経営上の悩みについて、中小企業診断士による無料の出張経営相談を行います。土・日・祝日を含むご希望日(年末年始(12月29日~1月3日)を除く)の8時~23時の間、中野区内であれば店舗や事務所、喫茶店等どこでもお伺いします。
相談内容は「販路の拡大について」「採用・人材確保」「広告・集客の手法」などなど経営に関する内容を幅広くお受けします。また、創業1年後や3年後などのフォローアップ相談も大歓迎です。ぜひご活用ください。

【申し込み】(いずれも平日9:00~17:00に受付、③については休日や17時以降に送られた場合、翌営業日の対応となります。)
①中野区産業振興センター2階(中野区中野2-13-14)に来所
②電話:03-3380-6947
③FAX:03-3380-6949(申込書は下記URLからダウンロードできます。)

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d004635.html

▼▼求人支援サイト「ぐっJOBなかの」のお知らせ

中野区が運営する求人支援サイト「ぐっJOBなかの」で求人募集をしてみませんか?
利用無料で求人情報を掲載できます。毎月平均で約20,000件以上のアクセスがあり、
スマートフォンにも対応しているので、多くの方に貴社の求人情報をお届けできます。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.job-nakano.net

○登録はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.job-nakano.net/users/login

▼▼ICT・コンテンツ関連業やライフサポート関連事業の優遇制度をご利用ください

中野区では、産業発展の契機と見込まれるICT・コンテンツを活用した事業や、ニーズが高まると見込まれるライフサポート関連事業を区内の産業の振興における重点分野と捉えています。これらの事業を営んでいる場合には、区が利子補給を行い本人負担利率0.4%以下で事業資金の融資あっ旋を受けることができます。ぜひご活用下さい。

○ライフサポート事業支援資金、ライフサポート事業支援資金(小口)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d016142.html

○ICT・コンテンツ事業者支援資金、ICT・コンテンツ事業者支援資金(小口)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d016702.html

▼▼事業活性化支援資金融資をご利用ください

事業の活性化を目的として、「事業継承」や「事業転換」、「事業多角化」に取り組む区内事業者が、金融機関からの事業資金の借り入れに際し、区のあっ旋を受け、取扱い金融機関にお申込みいただくことで、区が利子補給を行い本人負担利率0.4%以下で事業資金の融資あっ旋を受けることができます。ぜひご活用ください。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d023952.html

▼▼創業支援資金をご利用ください。

中野区内でこれから創業する方や創業して1年未満の方が、金融機関からの事業資金の借入に際し、区のあっ旋を受け、取扱い金融機関にお申込みいただくことで、区が利子補給を行い本人負担利率0.2%以下で事業資金の融資あっ旋を受けることができます。創業時の借入負担を軽減し、経営の安定に役立てていただくことを目的としております。ぜひご活用ください。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d014367.html?path=C1/C60/C62/P14367

▼▼区内商店街出店者優遇をご利用ください

中野区産業経済融資の「ICT・コンテンツ事業者支援資金(小口を含む)」「ライフサポート事業者支援資金(小口を含む)」「事業活性化支援資金(小口を含む)」「創業支援資金」について、区内商店街に出店又は立地し、区が指定する各商店会に加入した場合、区負担利率を上乗せ優遇し、本人負担利率を無利子で利用できます。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d004623.html?path=C1/C60/C63/P4623

▼▼中野区の利子補給と東京都の信用保証料補助の併用制度をご利用ください

中野区産業経済融資の「小規模特例資金(中野小口)」「ICT・コンテンツ事業者支援資金(小口)」「ライフサポート事業支援資金(小口)」「事業活性化支援資金(小口)」「事業活性化支援資金(事業承継)」「創業支援資金」をご利用になられる方は、区の利子補給と都の信用保証料補助を併用できる場合があります。ぜひご活用ください。

○小規模特例資金(中野小口)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d004623_d/fil/6.pdf

〇ICT・コンテンツ事業者支援資金(小口)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d016702.html?path=C1/C60/C63/P16702

〇ライフサポート事業支援資金(小口)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d016702.html?path=C1/C60/C63/P16142

○事業活性化支援資金(小口)、事業活性化支援資金(事業承継)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d023952_d/fil/2.pdf

○創業支援資金はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d014367_d/fil/3.pdf

▼▼【中野区産業経済融資ご利用中の皆さまへ】所在地の変更等は、速やかに金融機関へ届出をしてください

中野区産業経済融資ご利用中の方で、次のケースに該当する場合は速やかに金融機関へ届出をしてください。
・事業所の所在地変更(区内移転・区外移転)
・法人の場合、本店登記地の変更
・個人事業主の場合、住所変更
・廃業
・法人成り
・吸収・合併
・代表者変更

※区の利子補給の要件から外れていたことの届出が遅れてなされた場合、要件から外れた日以降に区が利子補給を行っていた金額については、金融機関を通じて区に返納していただきます。

○利子補給の要件について詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d004623.html

▼▼マル経融資利子補給のご案内

マル経融資制度により融資を受けた小規模事業者に対して支払利子の額の50%を36か月間利子補助します。利子補給は毎年1月から12月分をまとめて翌年の3月に確定してお支払します。
マル経融資制度とは経営改善を行う小規模事業者の方が、東京商工会議所の経営指導と推薦を受けることにより、無担保・保証人不要(信用保証協会の保証も不要)で利用できる国(日本政策金融公庫)の公的融資制度です。

マル経融資の申し込み、利子補給の申請は東京商工会議所中野支部となります。
必要書類や申請手続きなど詳細については東京商工会議所中野支部までお問い合わせください。

【お問い合わせ先】
東京商工会議所中野支部
電話番号:03-3389-1241
○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.tokyo-cci.or.jp/nakano/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     4.中野区勤労者サービスセンターからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼▼勤労者サービスセンター会員募集中!

福利厚生の充実に会員制の勤労者サービスセンターを利用してみませんか。
おひとり、入会金200円と会費月額500円で、レジャー施設や映画鑑賞の利用補助、観劇・スポーツなどのチケットの割引あっせんなどを利用頂けます。
事業所単位でも、個人でも加入できます。

事業主が入会金と会費を負担したときは、税法上損金または必要経費として処理できます。

★☆★ ★☆★ ★☆★ ★☆★ ★☆★ ★☆★ ★☆★ ★☆★ ★☆★ ★☆★ ★☆★
会報紙11月号(11月15日発行)では
大相撲一月場所チケット、グルメ食事券、スキーリフト券などの割引あっせん販売を取り扱います。
ウィンターシーズンの従業員福利厚生にぜひご入会、ご利用をおすすめします!
★☆★ ★☆★ ★☆★ ★☆★ ★☆★ ★☆★ ★☆★ ★☆★ ★☆★ ★☆★ ★☆★
○詳しくはこちらから(中野区勤労者サービスセンターホームページ)
↓↓↓
http://www.nakano-kinrou.or.jp/
Tel:03-3380-6941

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        5.東京信用保証協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東京信用保証協会「第28期創業スクール」受講者募集のご案内

当協会では“人に見せて話せる”創業プランの作成を目指すゼミナール形式のスクールを開催しています。
当協会の職員もアドバイザーとなって、講師と一緒に創業プランをブラッシュアップするお手伝いをいたします。
また、アフターフォローとして専門家の先生によるマンツーマン指導も受けられます。皆さまのご応募をお待ちしています。

【開催概要】
■日時
令和2年1月9日~2月27日の毎週木曜日(全8回)
※各回とも18:25から21:00まで
■会場
ビジョンセンター東京 八重洲南口(東京都中央区八重洲2-7-12ヒューリック京橋ビル)
■講師
中小企業診断士 金 順玉 氏
■参加費
無料
■対象者
都内で創業予定の方で、具体的な創業プランをお持ちの方(全日程出席できる方)
■定員
20名 ※応募多数の場合は抽選
■応募
当協会ホームページから直接お申し込みいただけます ※応募締切:12月18日(水)
◎受講が決定した方に12月下旬頃に受講票を発送いたします
☆詳細のご確認及びお申し込みは以下のページをご覧ください☆
https://www.cgc-tokyo.or.jp/assistplaza/school/201910-28.html

【お問い合わせ先】
東京信用保証協会 経営支援統括課 創業スクール事務局
担当:根本(ねもと)、松長(まつなが)、鹿又(かのまた)
TEL:03-3272-2276

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        6.東商中野支部からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<セミナー・交流会のお知らせ>

【 東 商 中 野 支 部 か ら の お 知 ら せ 】

○ 2020夏に向けたサイバー犯罪対策セミナー
 
 日 時:2019年11日13日(水)14:00~16:00
 場 所:中野区産業振興センター3階 大会議室(中野区中野2-13-14)
 詳 細:http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-95080.html

○ ハローワーク・中途社員 求人の出し方の極意
 
 日 時:2019年11日22日(金)14:00~16:00
 場 所:中野区産業振興センター3階 大会議室(中野区中野2-13-14)
 詳 細:http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-94921.html

≪申込≫:詳細HPの申込ページからお申込みいただくか、開催案内を印刷の上
     必要事項をご記入いただきFAX(03-3319-0381)でご送付ください。

バックナンバーはこちらをご覧ください。

これから起業する方や中小企業の経営改善に役立つ業種別のワンポイントアドバイスを掲載しています。

-第109回-
業務の自動化で効率を上げるRPA
-急速に発展し続けるRPA-

前回は、定型業務の効率化や人手不足の解消という観点で、RPAをお伝えいたしました。定型業務に人手が必要で人手不足にお悩みの経営者の方には朗報であったと思いますがいかがでしたでしょうか。

さて、人工知能(以下AI)が急速な発展を見せているのはご存知だと思います。2015年5月、ホーキング博士は今後100年以内に人工知能(以下AIと称する)が人間を超えるだろうと警告しましたが、RPAの可能性については、AI技術が関与するため、今後もさらに発展することが予想されています。

実際に、現状においては、定型業務の自動化という段階を超え、非定型業務の自動化という第二段階の処理も可能になっているのです。
具体的には、従来型のOCR(光学的文字認識)技術ではテキストデータ化できなかった紙や画像中の文字を、文字認識に特化したAI(AI-OCR)により自動でテキストデータ化することや、音声に特化したAI(AI音声認識エンジン)により音声をデータ化することなどです。コールセンターなどでのお客様との会話の内容をテキスト化し回答の候補を表示することによりオペレータの対応への効率化に貢献しています。
更に、過去の販売データ・在庫データを活用し需要を予測し予測した物量に合わせてロボットが自動発注することなども可能になってきています。購買の仕事も任せることができるのです。

このようなRPA導入の検討は早く始めるべきなのでしょうか。かつて、「コンピュータ時代はいたるところに見えるが生産性の統計に表れていない」とIT投資が生産性に結び付いていない状況がありました。しかし、その後の1990年代には米国における生産性は大幅な伸びを記録しました。そしてその原動力がIT投資であったことが現在ではコンセンサスとなっています。生産性の向上が現れるのは、RPAなど新規技術の導入からタイムラグがあるのです。電気という技術が蒸気機関に取って代わったときも同じでした。動力を電気に変えただけで、工場のレイアウトは変わらないときは生産性の向上がみられませんでした。工場のレイアウトが変わった後に生産性は一気に向上したのです。
同様に、RPAの導入が生産性向上を果たすためには、事前に業務プロセスを見直したり、業務の見える化や標準化を行い定型業務を明確化したり、組織体制の見直しや従業員を教育訓練することが必要となります。ですから、できるだけ早い時期に導入の検討を始め、RPAの導入に備えることだけでも業務の効率化につながることでしょう。そして、定型業務に時間を割いていた従業員が付加価値の高い業務に専念するようになってこそ、生産性向上につながるのです。

事例)
A社は、医療や科学分野の翻訳サービスを手掛ける中堅中小企業ですが、OCRと機械翻訳ソフトをRPAと組み合わせて使うことにより、手作業でこなしていた翻訳業務を自動化することに成功しました。このような業務の効率化だけでなく、手作業で行っていた際の翻訳ミスを減少させ翻訳の精度を高めることに成功しました。

現在RPAを導入している企業は、定型業務が多い大企業が中心となっていますが、上記の事例からも、人手不足に直面する中小企業こそ挿入を検討する必要があるのかもしれません。

NPO法人中野中小企業診断士会 堀川 一

バックナンバーはこちらをご覧ください。