メールマガジンのご購読

メールマガジンのご購読停止

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ インデックス ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1.中野区産業振興センターからのお知らせ
【1】【人材の確保・育成支援講座】
    ⇒ 平成29年度 合同新入社員研修会
【2】【なかのビジネス創造塾】
    ⇒ やる気のある人が応募してくる採用のコツ
【3】【なかのビジネス創造塾】
    ⇒ 自分らしく起業したい人のための入門講座
【4】4月の『施設使用申込抽選会』
    ⇒ 抽選日は4月3日(月)です
【5】Twitterで個人利用情報等を不定期でお知らせしています。
2.必読!!『経営ワンポイントアドバイス -第47回-』
    ⇒ 起業する際に最低限知っておくべき事業計画の思わぬ使い方
    -社員・従業員・自分の為に作ることで、事業促進に繋がる-
3.中野区からのお知らせ
    ⇒ ★中小企業診断士による“無料”の出張相談を行っています
    ⇒ ★中野区産業経済融資をご利用ください
    ⇒ ★区内商店街出店者優遇をご利用ください
    ⇒ ★ICT・コンテンツ関連業やライフサポート関連事業の優遇制度をご利用下さい
    ⇒ ★【中野区産業経済融資ご利用中の皆さまへ】所在地の変更等は、速やかに金融機関へ届出をしてください
    ⇒ ★ビジネスフェア出展費用の一部を補助します
    ⇒ ★求人募集、企業PRが無料でできます!
4.中野区勤労者サービスセンターからのお知らせ
    ⇒ ★区内事業主・勤労者の方々、福利厚生サービスをご活用ください!
5.東京信用保証協会からのお知らせ
    ⇒ ◆「江戸・TOKYO 技とテクノの融合展2017」出展者募集のお知らせ
6.東京商工会議所中野支部からのお知らせ
    ⇒ ◆中野de創業塾2017<春コース>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       1.中野区産業振興センターからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】『人材の確保・育成支援講座』
≪講座名≫
 平成29年度 合同新入社員研修会
≪開催日時≫
 平成29年4月14日(金)
 午前9時00分〜午後5時00分(受付開始時間:午前8時45分)
≪概要≫
 社会人の心構えから挨拶・身だしなみ・電話応対等のビジネスマナーを学びます。
事業所等で取りまとめお申し込み下さい。
≪講師≫
 キャプラン株式会社 西牧 操代
≪募集人数≫
 20名(定員に達し次第、締切となります)
≪参加料≫
1人当たり3,000円
≪お支払方法≫
当日、産業振興センター2F窓口にて(現金のみ)
≪応募方法≫
 電話・FAX・産業振興センター2F窓口・ホームページ

【2】『なかのビジネス創造塾』
≪講座名≫
やる気のある人が応募してくる採用のコツ
≪開催日時≫
平成29年4月19日(水) 
午後6時30分〜午後8時30分(受付開始時間:午後6時00分)
≪概要≫
 中小企業が優秀な人材を確保できる採用活動について、採用支援会社の経営者から話を聞きます。成功事例の紹介も。
≪講師≫
 千原 康裕 (中小企業診断士)
≪募集人数≫
 30名(定員に達し次第、締切となります)
≪参加料≫
無料
≪応募方法≫
 電話・FAX・産業振興センター2F窓口・ホームページ

【3】『なかのビジネス創造塾』
≪講座名≫
 自分らしく起業したい人のための入門講座
≪開催日時≫
 平成29年4月28日(金) 
午後6時30分〜午後8時30分(受付開始時間:午後6時00分)
≪概要≫
「起業したいが、資金や人材、自信などがなくて、前に進めない」という方向けの講座です。
≪講師≫
 篠田 法正 (中小企業診断士)
≪募集人数≫
 30名(定員に達し次第、締切となります)
≪参加料≫
無料
≪応募方法≫
 電話・FAX・産業振興センター2F窓口・ホームページ

【4】4月の『施設使用申込抽選会』のご案内
■開催日
 4月3日(月)
■抽選会受付時間
 体育施設等  7月分 午前8時45分~午前9時00分
 会議室等   6月分 午前9時45分~午前10時00分
■会場
 産業振興センター内 3階 大会議室

【5】Twitterで体育室、小体育室の個人利用情報等を不定期でお知らせしています。
 ぜひ、フォローしてください。

 中野区産業振興センター (@nakanossc)
 https://twitter.com/nakanossc

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         2.経営ワンポイントアドバイス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-第47回-
起業する際に最低限知っておくべき事業計画の思わぬ使い方
-社員・従業員・自分の為に作ることで、事業促進に繋がる-

前回は金融機関、出資者向けという比較的固い事業計画の作り方を紹介しましたが、
今回は視点を変えて社員・従業員向け、
経営者である自分向けに計画を作るということを考えてみます。

経営の相談に乗っていると社員・従業員のモチベーションや責任感に
課題を感じているという話をよく聞きます。
また、社員・従業員と自分の方向感を揃えたいと考える方もいらっしゃいます。
そんな方にお勧めしているのが社員向け事業計画発表です。

或いは事業計画を経営者である自分の為に作る人もいます。
こういう人はいつまでに何をすべきか、その為の必要事項は何かということを明確にし、
忘れないようにしているようです。

□ 社員・従業員向け発表

皆さんの中には、知り合いに対して
事業を手伝ってもらえないか誘っている人がいるでしょう。
或いは、既に事業を始めており、社員・従業員を雇っている人もいるかもしれません。

社員・従業員にもリスクが少なく確実な事業であることを伝えます。
なぜなら、今現在、他の会社に在職していて転職してくるのは勇気がいることですし、
自社に所属している社員も将来どうなるんだろうなという
漠然とした不安を持っているからです。
この点では他の用途の事業計画書と似ています。

一方で社員・従業員の方には、経営者である皆さんができなかったり、
やりきれなかったりすることをお願いすることになりますので、
社員・従業員の皆さんの協力があって始めて、
目標が達成できるという筋書きにします。
これが社員・従業員の方の責任感を養うことに繋がります。
つまり、経営者も社員もお互いにやるべきことを明白にし、
目標達成を約束するわけです。

□ 経営者である自分の為

事業計画は経営者自身の考えをまとめるためにも作られます。
この場合は、現状で課題・問題になりそうなことを列挙する
「調べること・考えることリスト」、
対策が明確なものは何をいつまでに行うかという「やることリスト」、
それをやった結果として資金がいくら必要かという「資金繰り表」という
カタチになることが多いようです。

<事業計画を活用して円滑に融資に繋げた事例>
社員数7人のある社長は自社の社員のモチベーションが低いと思い、
自分の考えと会社の方向性を社員に向けて発表したところ、
社員の自分の言葉に対する理解度が上がり、
モチベーションも改善したように感じられたそうです。

今回は、事業計画を見せる対象者別に計画の内容を考えてみました。
ご参考になったでしょうか。

中野区産業振興センターでは経営相談、創業相談を無料で受け付けております。

経営者の方へ

迷った時には思い切って専門家に聞いてしまうのも、
物事を速く進める一つの方法かもしれません。

NPO法人中野中小企業診断士会 杉野洋一

中野区産業振興センターでは、経営力向上に向けた各種セミナーを予定しています。
近日中にホームページに予定が公開されますので、ぜひご確認ください。
6月9日には、創業したいけれど事業計画書に苦手意識のある方向けに
「苦手な人でも無理なく取り組める事業計画入門」
11月14日には、補助金や助成金を申請したい方向けに
「補助金・助成金獲得のための計画作成のコツ」
を実施予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          3.中野区からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼▼中小企業診断士による“無料”の出張相談を行っています

中小企業診断士による無料出張経営相談です。
夜でも土日祝でも、希望の場所に伺います。
(ただし、年末年始(12月29日~1月3日)は除きます。)
創業1年後や3年後などのフォローアップ相談も大歓迎です。
ぜひご活用ください。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d004635.html

▼▼中野区産業経済融資をご利用ください

区内中小企業の方が、事業経営の安定や設備の改善などに活用するため、低利で事業資金の融資が受けられるよう、取扱金融機関に対し区が融資をあっ旋しています。事業資金が必要な際は、ぜひご活用下さい。
なお、区内で創業予定の方や創業1年未満の方への融資は、商工相談員による相談・現地調査等が必要になります。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d004623.html?path=C1/C60/C63/P4623

▼▼区内商店街出店者優遇をご利用ください

中野区産業経済融資の「ICT・コンテンツ事業者支援資金」「ライフサポート事業者支援資金」「創業支援資金」について、区内商店街に出店又は立地し、区が指定する各商店会に加入した場合、区負担利率を上乗せ優遇し、本人負担利率を無利子で利用できます。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d004623.html?path=C1/C60/C63/P4623

▼▼ICT・コンテンツ関連業やライフサポート関連事業の優遇制度をご利用下さい

中野区では、産業発展の契機と見込まれるICT・コンテンツを活用した事業や、ニーズが高まると見込まれるライフサポート関連事業を区内の産業の振興における重点分野と捉えています。
これらの事業を営んでいる場合には、より低利な事業資金の融資あっ旋や、ビジネスフェア出展費用の補助金優遇制度が利用できます。
ぜひご活用下さい。

○ライフサポート事業支援資金はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d016142.html

○ICT・コンテンツ事業者支援資金はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d016702.html

○ビジネスフェア出展補助事業はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d016116.html

▼▼【中野区産業経済融資ご利用中の皆さまへ】所在地の変更等は、速やかに金融機関へ届出をしてください
次のケースに該当する場合、金融機関へ必ず届け出をしてください。
・事業所の所在地変更(区内移転・区外移転)
・住所変更(個人で区内に住所があることにより利子補給を受けている場合)
・廃業
・法人成り
・吸収・合併
・代表者変更

※区の利子補給の要件から外れていたことの届け出が遅れてなされた場合、要件から外れた日以降に区が利子補給を行っていた金額については、金融機関を通じて区に返納していただきます。

○利子補給の要件について詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d004623.html

▼▼ビジネスフェア出展費用の一部を補助します

区内産業の振興を図るため、中小企業者が販路拡大を目的とするビジネスフェアに出展する場合に出展費用の一部を補助します。
ICT・コンテンツ関連業、またはライフサポート関連事業を営む事業者につきましては、補助率の優遇制度があります。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d016116.html

▼▼求人募集、企業PRが無料でできます!

「ぐっJOBなかの」を使って、求人募集をしてみませんか?
正社員やアルバイト、パートや内職など様々な形態の求人情報を掲載できます。
また、写真掲載や事業内容紹介により効果的に企業のPRも行うことができます。
求人活動や企業のPRに、ぜひご利用下さい!

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.job-nakano.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     4.中野区勤労者サービスセンターからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼▼勤労者サービスセンター会員募集中!

福利厚生の充実に会員制の勤労者サービスセンターを利用してみませんか。
おひとり、入会金200円と会費月額500円で、レジャー施設や映画鑑賞の
利用補助、観劇・スポーツなどのチケットの割引あっせんなどを利用頂け
ます。事業所単位でも、個人でも加入できます。

事業主が入会金と会費を負担したときは、必要経費として処理できます。

◎詳しくはこちらから(中野区勤労者サービスセンターホームページ)
↓↓↓
http://www.nakano-kinrou.or.jp/
Tel:03-3380-6941

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        5.東京信用保証協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「江戸・TOKYO 技とテクノの融合展2017」出展者募集のお知らせ

東京信用保証協会では、中小企業の皆さまへの経営支援の取組みとして、11回目となるビジネスフェアを開催いたします。新たなビジネスパートナーとの出会いの場として、また、新技術や新商品の情報発信の場としてぜひご活用ください。皆さまのご応募を心よりお待ちしております。

【開催概要】
▼日時:平成29年9月28日(木) 10:00~17:00
▼会場:東京国際フォーラム ホールE(千代田区丸の内3-5-1)
▼内容:中小企業・支援機関によるブース展示、講演会、出展者によるプレゼンテーション ほか
▼出展者数:中小企業270社、支援機関13機関(予定)

【募集要項】
▼募集小間数:270小間《予定》
▼来場見込:約10,000人 ※前回「融合展2016」来場者数10,806人
▼出展料:1小間あたり30,000円(消費税込み)
▼小間仕様:間口約2.4m×奥行約1.7m×高さ2.7m
▼申込方法:①Web(当協会ホームページから)  ②FAX/郵送(所定の「出展申込書」による)
▼申込期限:平成29年4月28日(金)事務局到着分まで(予定)
          ※申込多数の場合、期限前でも受付を終了する場合がございますのでご了承ください

↓↓開催概要ならびに募集要項の詳細はこちらをご覧ください↓↓
◎融合展2017公式ホームページhttp://www.cgc-tokyo.or.jp/assistinfo/fair/
◎出展者募集ページhttp://www.cgc-tokyo.or.jp/assistinfo/fair/guidline.html

■お問い合わせ先
東京信用保証協会 ビジネスフェア実行委員会事務局
〒104-8470 東京都中央区八重洲2-6-17
TEL 03(3272)2070 FAX 03(3272)3999
ホームページ http://www.cgc-tokyo.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        6.東京商工会議所中野支部からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆中野de創業塾2017<春コース>

2017年04月05日(水)、2017年04月12日(水)、2017年04月19日(水)、2017年04月26日(水)
18時30分〜20時45分 :全4回コース

中野区で創業をめざす方をバックアップする地域密着型の創業支援セミナーです。

http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-74778.html

バックナンバーはこちらをご覧ください。

これから起業する方や中小企業の経営改善に役立つ業種別のワンポイントアドバイスを掲載しています。

-第47回-
起業する際に最低限知っておくべき事業計画の思わぬ使い方
-社員・従業員・自分の為に作ることで、事業促進に繋がる-

前回は金融機関、出資者向けという比較的固い事業計画の作り方を紹介しましたが、
今回は視点を変えて社員・従業員向け、
経営者である自分向けに計画を作るということを考えてみます。

経営の相談に乗っていると社員・従業員のモチベーションや責任感に
課題を感じているという話をよく聞きます。
また、社員・従業員と自分の方向感を揃えたいと考える方もいらっしゃいます。
そんな方にお勧めしているのが社員向け事業計画発表です。

或いは事業計画を経営者である自分の為に作る人もいます。
こういう人はいつまでに何をすべきか、その為の必要事項は何かということを明確にし、
忘れないようにしているようです。

□ 社員・従業員向け発表

皆さんの中には、知り合いに対して
事業を手伝ってもらえないか誘っている人がいるでしょう。
或いは、既に事業を始めており、社員・従業員を雇っている人もいるかもしれません。

社員・従業員にもリスクが少なく確実な事業であることを伝えます。
なぜなら、今現在、他の会社に在職していて転職してくるのは勇気がいることですし、
自社に所属している社員も将来どうなるんだろうなという
漠然とした不安を持っているからです。
この点では他の用途の事業計画書と似ています。

一方で社員・従業員の方には、経営者である皆さんができなかったり、
やりきれなかったりすることをお願いすることになりますので、
社員・従業員の皆さんの協力があって始めて、
目標が達成できるという筋書きにします。
これが社員・従業員の方の責任感を養うことに繋がります。
つまり、経営者も社員もお互いにやるべきことを明白にし、
目標達成を約束するわけです。

□ 経営者である自分の為

事業計画は経営者自身の考えをまとめるためにも作られます。
この場合は、現状で課題・問題になりそうなことを列挙する
「調べること・考えることリスト」、
対策が明確なものは何をいつまでに行うかという「やることリスト」、
それをやった結果として資金がいくら必要かという「資金繰り表」という
カタチになることが多いようです。

<事業計画を活用して円滑に融資に繋げた事例>
社員数7人のある社長は自社の社員のモチベーションが低いと思い、
自分の考えと会社の方向性を社員に向けて発表したところ、
社員の自分の言葉に対する理解度が上がり、
モチベーションも改善したように感じられたそうです。

今回は、事業計画を見せる対象者別に計画の内容を考えてみました。
ご参考になったでしょうか。

中野区産業振興センターでは経営相談、創業相談を無料で受け付けております。

経営者の方へ

迷った時には思い切って専門家に聞いてしまうのも、
物事を速く進める一つの方法かもしれません。

NPO法人中野中小企業診断士会 杉野洋一

バックナンバーはこちらをご覧ください。