メールマガジンのご購読

メールマガジンのご購読停止

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ インデックス ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1.中野区産業振興センターからのお知らせ
【1】【経営者の経営力アップ講座】
    ⇒ 経営力強化につながる知的資産経営の進め方
【2】【なかのビジネス創造塾】
    ⇒ 6回連続本格講座 第3回
      強靭ビジネスコンセプト作成講座
【3】【経営者の経営力アップ講座】
    ⇒ 経営者向けシニア雇用促進セミナー
【4】【なかのビジネス創造塾】
    ⇒ 6回連続本格講座 第4回
      頑張らずに集客できる ファンを増やす仕組みの作り方
【5】【なかのビジネス創造塾】
    ⇒ 6回連続本格講座 第5回
      起業時に役立つお金の基礎知識
【6】7月の『施設使用申込抽選会』
    ⇒ 抽選日は7月1日(月)です
【7】Twitterで個人利用情報等を不定期でお知らせしています。
2.必読!!『経営ワンポイントアドバイス -第100回-』
    ⇒ 中小企業に求められる経営戦略
      - 早く試してみることが成功に繋がる -
3.中野区からのお知らせ
    ⇒ ★ビジコンなかのキックオフイベント開催!!
    ⇒ ★中野区産業経済融資をご利用ください
    ⇒ ★【7月12日(金)17時締切】産業交流展2019特別出展者募集期間を延長します!
    ⇒ ★「なかのまちめぐり博覧会2019」個別イベント等募集
    ⇒ ★ビジネスフェア出展費用の一部を補助します
    ⇒ ★中野区公式観光サイト「まるっと中野」リニューアルのお知らせ
    ⇒ ★「どこでも出張相談」中小企業診断士による“無料”の出張相談を行っています
    ⇒ ★求人支援サイト「ぐっJOBなかの」のお知らせ
    ⇒ ★東京都最低賃金について
    ⇒ ★ICT・コンテンツ関連業やライフサポート関連事業の優遇制度をご利用下さい
    ⇒ ★事業活性化支援資金融資をご利用ください
    ⇒ ★創業支援資金をご利用ください
    ⇒ ★区内商店街出店者優遇をご利用ください
    ⇒ ★中野区の利子補給と東京都の信用保証料補助の併用制度をご利用ください
    ⇒ ★【中野区産業経済融資ご利用中の皆さまへ】所在地の変更等は、速やかに金融機関へ届出をしてください
    ⇒ ★マル経融資利子補給のご案内
4.中野区勤労者サービスセンターからのお知らせ
    ⇒ ★新規会員募集 会員拡大キャンペーン
5.東京信用保証協会からのお知らせ
    ⇒ ◆「江戸・TOKYO 技とテクノの融合展2020」出展者募集のお知らせ
6.東商中野支部からのお知らせ
    ⇒ ◆セミナー・交流会のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       1.中野区産業振興センターからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】『経営者の経営力アップ講座』
≪講座名≫
 経営力強化につながる知的資産経営の進め方
≪開催日時≫
 2019年7月2日(火) 
 18時30分〜20時30分(受付開始時間:18時00分)
≪概要≫
 自社の強みとなる知的資産を知り、活用することで経営力が強化されます。
≪講師≫
 小林 久人
≪参加料≫
 無料
≪応募方法≫
 電話・FAX・産業振興センター2F窓口・ホームページ

【2】『なかのビジネス創造塾』
≪講座名≫
 6回連続本格講座 第3回
 強靭ビジネスコンセプト作成講座
≪開催日時≫
 2019年7月13日(土) 
 13時30分〜17時30分(受付開始時間:13時00分)
≪概要≫
 3回目は、どのようなお客様に、どのような特徴的方法で、どのような価値を提供するのか。
≪講師≫
 藤中 秀樹
≪参加料≫
 1,000円(6回連続受講5,000円)
≪応募方法≫
 電話・FAX・産業振興センター2F窓口・ホームページ

【3】『経営者の経営力アップ講座』
≪講座名≫
 ご存じですか?シニア雇用に助成金!
 他では聞けない人手不足の「特効薬」運営編
≪開催日時≫
 2019年7月23日(火) 
 18時30分〜20時30分(受付開始時間:18時00分)
≪概要≫
 経験豊かな人材を活かし企業に活力をあたえませんか?使い方次第で貴重な戦力になる!
≪講師≫
 名脇役プロジェクト
≪参加料≫
 無料
≪応募方法≫
 6月21日(金)~
 電話・FAX・産業振興センター2F窓口・ホームページ

【4】『なかのビジネス創造塾』
≪講座名≫
 6回連続本格講座 第4回
 頑張らずに集客できる ファンを増やす仕組みの作り方
≪開催日時≫
 2019年7月27日(土) 
 13時30分〜17時30分(受付開始時間:13時00分)
≪概要≫
 4回目は、顧客が増え続けていく、仕組みの構築方法を学びます。
≪講師≫
 早川 大悟
≪参加料≫
 1,000円(6回連続受講5,000円)
≪応募方法≫
 6月21日(金)~
 電話・FAX・産業振興センター2F窓口・ホームページ

【5】『なかのビジネス創造塾』
≪講座名≫
 6回連続本格講座 第5回
 起業時に役立つお金の基礎知識
≪開催日時≫
 2019年8月17日(土) 
 13時30分〜17時30分(受付開始時間:13時00分)
≪概要≫
 5回目は、経営者の悩み「お金に関する困りごと」から解放される方法を学びます。
≪講師≫
 山本 健二
≪参加料≫
 1,000円(6回連続受講5,000円)
≪応募方法≫
 7月8日(月)~
 電話・FAX・産業振興センター2F窓口・ホームページ

【6】7月の『施設使用申込抽選会』のご案内
■開催日
 7月1日(月)
■抽選会受付時間
 体育施設等  10月分 8時45分~9時00分
 会議室等   9月分 9時45分~10時00分
■会場
 産業振興センター内 3階 大会議室

【7】Twitterで体育室、小体育室の個人利用情報等を不定期でお知らせしています。
 ぜひ、フォローしてください。

 中野区産業振興センター (@nakanossc)
 https://twitter.com/nakanossc

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         2.経営ワンポイントアドバイス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-第100回-
中小企業に求められる経営戦略
- 早く試してみることが成功に繋がる -

外部環境が不透明だったり、変化が激しかったりする今日では、「そもそも事前に当たるかどうかなど誰も分からない」ことが一般的です。そうだとしたら、「とにかく早く試してみるしかない」という発想になります。

1.まず仮説を立ててすぐに試す
この発想に立てば、まず「このような製品(あるいはサービス)が受けるのではないか」という仮説を立て、プロトタイプ(試作品)を作ってすぐに試し、そこで得られた教訓を製品開発に反映させ、それをまた試すというサイクルを高速で何度も繰り返します。

「やってみなければ分からない」のであれば、「すぐにやってみる」ことが必要です。そしてやってみて得られた成果を次に活かし、製品やサービスをブラッシュアップし、事業としての成功確率を高めていくのです。

2.ベンチャー企業の戦略に学ぶ
8つのベンチャー企業のスタートアップに参加し、そのうち4つを株式公開に導いたスティーブ・ブランクは、ベンチャー企業に求められる4つのステップを提唱しています。

① 顧客発見(聴いて発見)
② 顧客実証(売って検証)
③ 顧客開拓(リーチを検証)
④ 組織構築(本格拡大)
※ただし、②でダメならピボットで①に戻る。

これを発展したものに、「リーン・スタートアップ」という考え方があります。これによれば、実用最小限の製品(MVP:minimum viable product)を素早く開発し、それをテストマーケティングで試して検証します。

ポイントは、MVPは実験に役立つ最小限度のスペックに留めることと、すぐにリリースすることです。必要以上に作り込んでも当たるかどうかは事前にはわからないですし、当たらなければ、単に時間やコストの無駄にすぎません。つまりリスクが高いということです。最小限度のものにとどめることで早くリリースすることができ、その後の改良に活かすための結果が早く得られるのです。提唱者であるエリック・リースは、「大きく考え、小さく試す」ことを強調しています。

「とにかく早く試してみるしかない」といっても、何も当てずっぽうでやってよいというわけではありません。MVPは「これなら当たるのではないか」という仮説のもと、自分たちが試したいことが検証できるように作り込む必要があります。

簡単な具体例を示してみます。高齢者向けのスマホを開発するのであれば、「あまり機能は多くないほうが使いやすいだろうから、最低限の機能に絞ってみよう」とか「表示の大きさはこれくらいのほうが見やすいかな」といったことを考えて試作品を作り、それを実際に使ってもらって「正しかったかどうか」「何が不足しているのか」を確かめるということです。

「リーン・スタートアップ」はベンチャー企業の経営戦略についての考え方ですが、それに限らず、新事業や新製品・新サービスを考えている方に共通して参考になるはずです。「実験⇒検証⇒学習」というサイクルを繰り返していくうちに、ノウハウが蓄積され、それが企業としての「強み」にもなっていきます。

「成長のための大きなビジョンをもって、小さく試す」という考え方は、特に経営資源に限界がある中小企業経営者や創業希望者のみなさんにとってぜひ知っておいていただきたい考え方です。

NPO法人中野中小企業診断士会 三枝元

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          3.中野区からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼▼ビジコンなかのキックオフイベント開催!!

中野区の産業振興の重点分野である、ICT・コンテンツ関連産業やライフサポート関連産業の領域での新たなビジネスの創出(創業や事業拡大)を促進し、これらを中野区から発信することを目指してビジネスプランコンテスト「ビジコンなかの」を実施しています。
本コンテスト実施にあたって、キックオフイベントを開催します。

【第1部】
名刺交換のやり方すら知らなかった私の起業ストーリー
「保育士から経営者になった私」
株式会社キッズカラー 
代表取締役/保育士 雨宮 みなみ 氏
【第2部】
脱サラして収入をUPさせよう!
会社員より稼げる!起業術
株式会社Y-プロデュース 代表取締役 野竿 達彦 氏
ビジコンなかのへの応募メリットを解説します。起業して間もない方、起業・事業拡大にご興味のある方は、下記ホームページより事前申込の上ぜひご参加ください。
なお、一時保育も実施しておりますので、小さなお子様のおられる方もぜひご参加ください。
一時保育は先着5名です。ご希望の方は7月6日(土)~7月26日(金)に申し込みをしてください。

日時 2019年8月7日(水)
18時30分から20時30分まで
会場 中野区産業振興センター地下1階 多目的ホール
お申込方法
ビジコンなかの事務局のホームページをご覧ください。

【お問合せ先】
ビジコンなかの事務局(受託事業者:株式会社Y-プロデュース)
電話:045-319-6020(受付:9時~17時、土・日・祝日を除く)
メール:office@bizcon-nakano.tokyo
○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

キックオフイベント参加者募集

▼▼中野区産業経済融資をご利用ください

区内中小企業の方が、事業経営の安定や設備の改善などに活用するため、低利で事業資金の融資が受けられるよう、取扱金融機関に対し区が融資をあっ旋し、利子補給を行っています。
一般融資として、最大3,000万円までを本人負担利率1.3%以下で利用できる事業資金、また事業資金より本人負担利率が低利な0.8%以下で最大2,000万円まで利用できる小規模企業者の方を対象とした小規模特例資金があります。資金が必要な際は、ぜひご活用下さい。
さらに一般融資よりも本人負担利率が低利な0.4%以下で利用できる特別融資(ICT・コンテンツ事業者支援資金、ICT・コンテンツ事業者支援資金(小口)、ライフサポート事業支援資金、ライフサポート事業支援資金(小口)、事業活性化支援資金、事業活性化支援資金(小口))もご用意しております。詳細については下記の項目及びURLからそれぞれの融資紹介ページをご覧ください。

※2019年4月1日(月)以降にお申込分については、利用要件など一部変更がございます。
変更後の制度については以下のリンクより区のホームページをご確認ください。

○変更後の制度についてはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d004623.html?path=C1/C60/C63/P4623

▼▼【7月12日(金)17時締切】産業交流展2019特別出展者募集期間を延長します!

中野区では、区が重点産業に位置付けている「ICT・コンテンツ関連産業」または「ライフサポート関連産業」を営む事業者の販路拡大・生産性向上を図るため、「産業交流展2019」に出展する区内の中小企業者等を特別出展者として積極的に支援していきます。
当初、募集期間を5月31日(金)17時までとしていましたが、より多くの区内事業者様にご出展いただくため、7月12日(金)17時まで申込期間を延長いたしました。ぜひ応募をご検討ください。

【産業交流展2019】
2019年11月13日(水)から11月15日(金)まで東京ビッグサイト(青海展示棟)にて開催される、中小企業による国内最大級のトレードショーです。

<募集締切(延長)>
 7月12日(金)17時まで(必着)
 受付順に審査し、出展者を決定します。募集数に達した時点で募集締切となります。
<募集枠>
 30者

【特別出展者の特典】
(1) 出展小間料を区が全額負担
(2) 出展経費(出展小間料を除く)を区が補助 ※上限90,000円、補助対象経費の3/4以内
(3) 特別出展者の製品や技術等を紹介する冊子へ掲載
(4) 販路拡大や営業力強化に効果的な出展方法を紹介するセミナーへご招待
応募方法等の詳細は、下記ホームページをご覧ください。

【お問い合わせ】
 中野区 産業観光課 産業振興係(中野区役所9階16番窓口)
電話 03-3228-8729

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d020885.html

▼▼「なかのまちめぐり博覧会2019」個別イベント等募集

「なかのまちめぐり博覧会」は、中野区内の様々な催し(イベント、学園祭、まち歩きなど)を一体的にまとめ、区内外の方々に楽しく巡っていただきます。今年は10月19日(土)から11月24日(日)に開催します。
当博覧会に参加する個別イベントを募集しています。応募期限は、5月24日(金)まで。詳しくは、以下のホームページをご覧ください。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

なかのまちめぐり博覧会2019 個別イベント&広告協賛大募集!

▼▼ビジネスフェア出展費用の一部を補助します

2018年度及び2019年度の2年間限定で補助限度額を2万円増額します!自社製品やサービスを広くPRするチャンスです!
区内産業の振興を図るため、中小企業者が販路拡大を目的とするビジネスフェアに出展する場合に出展費用の一部(対象経費の1/2以内、最大で60,000円)を補助します。ICT・コンテンツ関連業、またはライフサポート関連事業を営む事業者につきましては、補助率の優遇制度(対象経費の3/4以内、最大90,000円の補助)があります。是非ご活用ください。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d016116.html

▼▼中野区公式観光サイト「まるっと中野」リニューアルのお知らせ

「まるっと中野」が、3年ぶりにリニューアルしました。
リニューアルにより、モデルコースやフォトライブラリー、アニメ・サブカルに関連する記事など新たなコーナーを設定し、さらに内容を充実させました。
さらに、SNSについてもこれまでのFacebookに加え、新たにTwitterとInstagramでも情報を発信しており、中野区をより身近に感じることができます。 
たくさんの方に区の魅力を伝えていけるように様々な情報を発信していきます。ぜひご覧いただき充実した情報をご活用ください。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.visit.city-tokyo-nakano.jp

▼▼「どこでも出張相談」中小企業診断士による“無料”の出張相談を行っています

区内中小企業経営者の皆様が抱える経営上の悩みについて、中小企業診断士による無料の出張経営相談を行います。土・日・祝日を含むご希望日(年末年始(12月29日~1月3日)を除く)の8時~23時の間、中野区内であれば店舗や事務所、喫茶店等どこでもお伺いします。
相談内容は「販路の拡大について」「採用・人材確保」「広告・集客の手法」などなど経営に関する内容を幅広くお受けします。また、創業1年後や3年後などのフォローアップ相談も大歓迎です。ぜひご活用ください。

【申し込み】(いずれも平日9:00~17:00に受付、③については休日や17時以降に送られた場合、翌営業日の対応となります。)
①中野区産業振興センター2階(中野区中野2-13-14)に来所
②電話:03-3380-6947
③FAX:03-3380-6949(申込書は下記URLからダウンロードできます。)

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d004635.html

▼▼求人支援サイト「ぐっJOBなかの」のお知らせ

中野区が運営する求人支援サイト「ぐっJOBなかの」で求人募集をしてみませんか?
利用無料で求人情報を掲載できます。毎月平均で約20,000件以上のアクセスがあり、
スマートフォンにも対応しているので、多くの方に貴社の求人情報をお届けできます。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.job-nakano.net

○登録はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.job-nakano.net/users/login

▼▼東京都最低賃金について

2018年10月1日より東京都最低賃金が時間額958円から27円引き上がり、時間額985円となりました。
最低賃金制度は年齢やパート・学生アルバイトなどの働き方の違いにかかわらず、すべての労働者に適応されます。
最低賃金の遵守をお願いします。

詳しくは東京労働局または厚生労働省のホームページをご覧ください。

○東京労働局はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/news_topics/topics/2011/20110805001_00003.html
○厚生労働省はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://pc.saiteichingin.info/

▼▼ICT・コンテンツ関連業やライフサポート関連事業の優遇制度をご利用ください

中野区では、産業発展の契機と見込まれるICT・コンテンツを活用した事業や、ニーズが高まると見込まれるライフサポート関連事業を区内の産業の振興における重点分野と捉えています。これらの事業を営んでいる場合には、区が利子補給を行い本人負担利率0.4%以下で事業資金の融資あっ旋を受けることができます。ぜひご活用下さい。

○ライフサポート事業支援資金、ライフサポート事業支援資金(小口)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d016142.html

○ICT・コンテンツ事業者支援資金、ICT・コンテンツ事業者支援資金(小口)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d016702.html

▼▼事業活性化支援資金融資をご利用ください

事業の活性化を目的として、「事業継承」や「事業転換」、「事業多角化」に取り組む区内事業者が、金融機関からの事業資金の借り入れに際し、区のあっ旋を受け、取扱い金融機関にお申込みいただくことで、区が利子補給を行い本人負担利率0.4%以下で事業資金の融資あっ旋を受けることができます。ぜひご活用ください。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d023952.html

▼▼創業支援資金をご利用ください。

中野区内でこれから創業する方や創業して1年未満の方が、金融機関からの事業資金の借入に際し、区のあっ旋を受け、取扱い金融機関にお申込みいただくことで、区が利子補給を行い本人負担利率0.2%以下で事業資金の融資あっ旋を受けることができます。創業時の借入負担を軽減し、経営の安定に役立てていただくことを目的としております。ぜひご活用ください。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d014367.html?path=C1/C60/C62/P14367

▼▼区内商店街出店者優遇をご利用ください

中野区産業経済融資の「ICT・コンテンツ事業者支援資金(小口を含む)」「ライフサポート事業者支援資金(小口を含む)」「事業活性化支援資金(小口を含む)」「創業支援資金」について、区内商店街に出店又は立地し、区が指定する各商店会に加入した場合、区負担利率を上乗せ優遇し、本人負担利率を無利子で利用できます。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d004623.html?path=C1/C60/C63/P4623

▼▼中野区の利子補給と東京都の信用保証料補助の併用制度をご利用ください

中野区産業経済融資の「小規模特例資金(中野小口)」「ICT・コンテンツ事業者支援資金(小口)」「ライフサポート事業支援資金(小口)」「事業活性化支援資金(小口)」「事業活性化支援資金(事業承継)」「創業支援資金」をご利用になられる方は、区の利子補給と都の信用保証料補助を併用できる場合があります。ぜひご活用ください。

○小規模特例資金(中野小口)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d004623_d/fil/6.pdf

〇ICT・コンテンツ事業者支援資金(小口)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d016702.html?path=C1/C60/C63/P16702

〇ライフサポート事業支援資金(小口)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d016702.html?path=C1/C60/C63/P16142

○事業活性化支援資金(小口)、事業活性化支援資金(事業承継)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d023952_d/fil/2.pdf

○創業支援資金はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d014367_d/fil/3.pdf

▼▼【中野区産業経済融資ご利用中の皆さまへ】所在地の変更等は、速やかに金融機関へ届出をしてください

中野区産業経済融資ご利用中の方で、次のケースに該当する場合は速やかに金融機関へ届出をしてください。
・事業所の所在地変更(区内移転・区外移転)
・法人の場合、本店登記地の変更
・個人事業主の場合、住所変更
・廃業
・法人成り
・吸収・合併
・代表者変更

※区の利子補給の要件から外れていたことの届出が遅れてなされた場合、要件から外れた日以降に区が利子補給を行っていた金額については、金融機関を通じて区に返納していただきます。

○利子補給の要件について詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d004623.html

▼▼マル経融資利子補給のご案内

マル経融資制度により融資を受けた小規模事業者に対して支払利子の額の50%を36か月間利子補助します。利子補給は毎年1月から12月分をまとめて翌年の3月に確定してお支払します。
マル経融資制度とは経営改善を行う小規模事業者の方が、東京商工会議所の経営指導と推薦を受けることにより、無担保・保証人不要(信用保証協会の保証も不要)で利用できる国(日本政策金融公庫)の公的融資制度です。

マル経融資の申し込み、利子補給の申請は東京商工会議所中野支部となります。
必要書類や申請手続きなど詳細については東京商工会議所中野支部までお問い合わせください。

【お問い合わせ先】
東京商工会議所中野支部
電話番号:03-3389-1241
○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.tokyo-cci.or.jp/nakano/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     4.中野区勤労者サービスセンターからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼▼新規会員募集 会員拡大キャンペーン

勤労者サービスセンター(エンジョイライフなかの)では区内の商店・事業所などを対象に幅広い福利厚生サービスを実施しています。

7月1日から9月30日までの会員拡大キャンペーン期間内に2名以上で新規入会された事業所の方には「入会プレゼント」を進呈します。このチャンスに事業所ぐるみでぜひサービスセンターにご入会を!
詳しくは中野区勤労者サービスセンター(エンジョイライフなかの)へお問い合わせください。

≪加入対象≫
①区内の商店や事業所勤務の方とその事業主
②区内に居住している勤労者の方
③パート、アルバイトも可

≪サービス内容≫
①観劇、美術展、遊園地スポーツなどの割引

≪会費≫
1人月額500円★入会金200円

※詳しくはこちらから
   ↓↓↓
http://www.nakano-kinrou.or.jp/
Tel:03-3380-6941
Fax:03-3380-6943

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        5.東京信用保証協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「江戸・TOKYO 技とテクノの融合展2020」出展者募集のお知らせ

 東京信用保証協会では、中小企業の皆さまへの経営支援の取組みとして、13回目となるビジネスフェアを開催します。新たなビジネスパートナーとの出会いの場として、また、新技術や新商品の情報発信の場として、ぜひ本ビジネスフェアをご活用ください。皆さまの出展を心よりお待ちしています。

【開催概要】
▼日時:2020年2月19日(水) 10:00~17:00
▼会場:東京国際フォーラム ホールE・ロビーギャラリー(千代田区丸の内3-5-1)
▼内容:中小企業・支援機関によるブース展示、講演会、出展者によるプレゼンテーション ほか

【開催・募集概要】
▼募集小間数
270小間≪予定≫
▼来場見込
約10,000人 ※前回「融合展2018」来場者数10,510人
▼出展料
1小間あたり30,000円(消費税込)
▼小間仕様
間口約2.4m×奥行約1.8m×高さ2.7m
▼申込方法
当協会ホームページ内の「融合展特設ページ」からWEB申込可能
▼申込期限
2019年7月31日(水)まで≪予定≫※申込多数の場合、期限前でも受付を終了する場合がございます。

■お問い合わせ先
東京信用保証協会 ビジネスフェア実行委員会事務局
〒104-8470 東京都中央区八重洲2-6-17
TEL 03(3272)2070
ホームページ http://www.cgc-tokyo.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        6.東商中野支部からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<セミナー・交流会のお知らせ>

○攻めの消費税対策!「キャッシュレス対策×IT・マーケティング」

 日 時:2019年7月8日(月)14:00~16:00
 場 所:中野区産業振興センター3階 大会議室(中野区中野2-13-14)
 詳 細:http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-94128.html

※当日、参加者全員に「消費税転嫁対策」ハンドブックを配布させていただきます。
  是非積極的なご参加をお待ちしております。

○事業承継 の トラブル防止 に知っておきたい“法的ポイント” セミナー

 日 時:2019年7月22日(月)14:00~16:00
 場 所:中野区産業振興センター3階 大会議室(中野区中野2-13-14)
 詳 細:http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-94192.html

≪申込≫:詳細HPの申込ページからお申込みいただくか、開催案内を印刷の上
     必要事項をご記入いただきFAX(03-3319-0381)でご送付ください。

バックナンバーはこちらをご覧ください。

これから起業する方や中小企業の経営改善に役立つ業種別のワンポイントアドバイスを掲載しています。

-第100回-
中小企業に求められる経営戦略
- 早く試してみることが成功に繋がる -

外部環境が不透明だったり、変化が激しかったりする今日では、「そもそも事前に当たるかどうかなど誰も分からない」ことが一般的です。そうだとしたら、「とにかく早く試してみるしかない」という発想になります。

1.まず仮説を立ててすぐに試す
この発想に立てば、まず「このような製品(あるいはサービス)が受けるのではないか」という仮説を立て、プロトタイプ(試作品)を作ってすぐに試し、そこで得られた教訓を製品開発に反映させ、それをまた試すというサイクルを高速で何度も繰り返します。

「やってみなければ分からない」のであれば、「すぐにやってみる」ことが必要です。そしてやってみて得られた成果を次に活かし、製品やサービスをブラッシュアップし、事業としての成功確率を高めていくのです。

2.ベンチャー企業の戦略に学ぶ
8つのベンチャー企業のスタートアップに参加し、そのうち4つを株式公開に導いたスティーブ・ブランクは、ベンチャー企業に求められる4つのステップを提唱しています。

① 顧客発見(聴いて発見)
② 顧客実証(売って検証)
③ 顧客開拓(リーチを検証)
④ 組織構築(本格拡大)
※ただし、②でダメならピボットで①に戻る。

これを発展したものに、「リーン・スタートアップ」という考え方があります。これによれば、実用最小限の製品(MVP:minimum viable product)を素早く開発し、それをテストマーケティングで試して検証します。

ポイントは、MVPは実験に役立つ最小限度のスペックに留めることと、すぐにリリースすることです。必要以上に作り込んでも当たるかどうかは事前にはわからないですし、当たらなければ、単に時間やコストの無駄にすぎません。つまりリスクが高いということです。最小限度のものにとどめることで早くリリースすることができ、その後の改良に活かすための結果が早く得られるのです。提唱者であるエリック・リースは、「大きく考え、小さく試す」ことを強調しています。

「とにかく早く試してみるしかない」といっても、何も当てずっぽうでやってよいというわけではありません。MVPは「これなら当たるのではないか」という仮説のもと、自分たちが試したいことが検証できるように作り込む必要があります。

簡単な具体例を示してみます。高齢者向けのスマホを開発するのであれば、「あまり機能は多くないほうが使いやすいだろうから、最低限の機能に絞ってみよう」とか「表示の大きさはこれくらいのほうが見やすいかな」といったことを考えて試作品を作り、それを実際に使ってもらって「正しかったかどうか」「何が不足しているのか」を確かめるということです。

「リーン・スタートアップ」はベンチャー企業の経営戦略についての考え方ですが、それに限らず、新事業や新製品・新サービスを考えている方に共通して参考になるはずです。「実験⇒検証⇒学習」というサイクルを繰り返していくうちに、ノウハウが蓄積され、それが企業としての「強み」にもなっていきます。

「成長のための大きなビジョンをもって、小さく試す」という考え方は、特に経営資源に限界がある中小企業経営者や創業希望者のみなさんにとってぜひ知っておいていただきたい考え方です。

NPO法人中野中小企業診断士会 三枝元

バックナンバーはこちらをご覧ください。