メールマガジンのご購読

メールマガジンのご購読停止

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ インデックス ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ インデックス ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1.中野区産業振興センターからのお知らせ
【1】【なかのビジネス創造塾】
    ⇒ 6回連続講座
【2】【なかのビジネス創造塾】
    ⇒ 創業融資審査の評価ポイントと創業融資制度
【3】【経営者の経営力アップ講座】
    ⇒ 融資を受けるための事業計画書作成のコツ
【4】【経営者の経営力アップ講座】
    ⇒ 「イキイキした職場をつくる」~モチベーションから考える社員活性化のポイント~
【5】【健康経営】
    ⇒ オフィス出張ストレッチ
【6】9月の『施設使用申込抽選会』
    ⇒ 抽選日は9月1日(金)です
【7】Twitterで個人利用情報等を不定期でお知らせしています。
2.必読!!『経営ワンポイントアドバイス -第56回-』
    ⇒ 事業に必要な資金を調達する(1)
- 創業資金アラカルト -
3.中野区からのお知らせ
    ⇒ ★「ビジコンなかの」ビジネスプラン応募受付中!
    ⇒ ★中小企業診断士による“無料”の出張相談を行っています
    ⇒ ★ビジネスフェア出展費用の一部を補助します
    ⇒ ★中野区産業経済融資をご利用ください
    ⇒ ★ICT・コンテンツ関連業やライフサポート関連事業の優遇制度をご利用下さい
    ⇒ ★事業活性化支援資金融資をご利用ください
    ⇒ ★創業支援資金をご利用ください。
    ⇒ ★区内商店街出店者優遇をご利用ください
    ⇒ ★中野区の利子補給と東京都の信用保証料補助の併用制度をご利用ください
    ⇒ ★【中野区産業経済融資ご利用中の皆さまへ】所在地の変更等は、速やかに金融機関へ届出をしてください
    ⇒ ★ビジネスフェア出展費用の一部を補助します
    ⇒ ★求人募集、企業PRが無料でできます!
4.中野区勤労者サービスセンターからのお知らせ
    ⇒ ★新規会員募集 会員拡大キャンペーン
5.東京信用保証協会からのお知らせ
    ⇒ ◆「江戸・TOKYO 技とテクノの融合展2017」開催のお知らせ
6.東商中野支部からのお知らせ
    ⇒ ◆セミナー・交流会のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       1.中野区産業振興センターからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】『なかのビジネス創造塾』
≪講座名≫
 6回連続講座
≪開催日時≫
 6月24日「自分らしく起業し、成果を出し続ける方法とは?」(終了致しました)
 7月15日「思いを形にしてビジネスアイデアを生み出す」(終了致しました)
 7月29日「競合厳しい競争の中で起業を成功させるための重要ポイント!」(終了致しました)
 8月12日「~頑張らずに集客できる~ファンを増やす仕組みの作り方」(終了致しました)
 8月19日「苦手でも無理なく出来る資金繰りの管理」
 8月26日「自分に最適な組織で起業する法人設立入門」

 いずれも土曜日、午後1時30分〜午後5時30分(受付開始時間:午後1時00分)
≪募集人数≫
 各回10名(定員に達し次第、締切となります)
≪参加料≫
 1回:1千円 
≪応募方法≫
 電話・FAX・産業振興センター2F窓口・ホームページ

【2】『なかのビジネス創造塾』
≪講座名≫
 創業融資審査の評価ポイントと創業融資制度
≪開催日時≫
 平成29年9月5日(火) 
 午後6時30分〜午後8時00分(受付開始時間:午後6時00分)
≪概要≫
 日本政策金融公庫の融資課長から融資判定時の評価ポイントを学びます。
≪講師≫
 及川 圭吾 (日本政策金融公庫新宿支店 国民生活事業融資第三課長)
≪募集人数≫
 20名(定員に達し次第、締切となります)
≪参加料≫
 無料
≪応募方法≫
 電話・FAX・産業振興センター2F窓口・ホームページ

【3】『経営者の経営力アップ講座』
≪講座名≫
 融資を受けるための事業計画書作成のコツ
≪開催日時≫
 平成29年9月7日(木) 
 午後6時30分〜午後8時30分(受付開始時間:午後6時00分)
≪概要≫
 事業計画書作成のポイントを中小企業診断士から学びます。
≪講師≫
 上野 光夫 (中小企業診断士)
≪募集人数≫
 20名(定員に達し次第、締切となります)
≪参加料≫
 無料
≪応募方法≫
 電話・FAX・産業振興センター2F窓口・ホームページ

【4】『経営者の経営力アップ講座』
≪講座名≫
 「イキイキした職場をつくる」~モチベーションから考える社員活性化のポイント~
≪開催日時≫
 平成29年9月21日(木) 
 午後6時30分〜午後8時30分(受付開始時間:午後6時00分)
≪概要≫
 国際青年会議所にITF(国際トレーニングフェロー)の認定を受けた講師から実践的な方法を学びます。
≪講師≫
 中村 泰彦 (国際青年会議所認定ITF)
≪募集人数≫
 20名(定員に達し次第、締切となります)
≪参加料≫
 無料
≪応募方法≫
 電話・FAX・産業振興センター2F窓口・ホームページ

【5】『健康経営』
≪講座名≫
 オフィス出張ストレッチ
≪開催日時≫
 平成29年9月11日(月)~29日(金)のうち、
 平日の何れか1日 時間要相談
≪概要≫
 肩こり・腰痛改善ストレッチ、リフレッシュヨガなどを区内事業所のオフィス内でスポーツクラブ講師に学びます。
 日時、運動内容、定員などは相談して決定します。
≪講師≫
 株式会社東京アスレティッククラブ
≪募集人数≫
 8月21日(月)までにお申込みを受けた中から抽選で1社
≪参加料≫
 無料
≪応募方法≫
 電話・FAX・産業振興センター2F窓口・ホームページ

【6】9月の『施設使用申込抽選会』のご案内
■開催日
 9月1日(金)
■抽選会受付時間
 体育施設等  12月分 午前8時45分~午前9時00分
 会議室等   11月分 午前9時45分~午前10時00分
■会場
 産業振興センター内 3階 大会議室

【7】Twitterで体育室、小体育室の個人利用情報等を不定期でお知らせしています。
 ぜひ、フォローしてください。

 中野区産業振興センター (@nakanossc)
 https://twitter.com/nakanossc

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         2.経営ワンポイントアドバイス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-第56回-
事業に必要な資金を調達する(1)
- 創業資金アラカルト -

創業における資金調達の方法はどのようなものがあるかご存知でしょうか?
返済は必要な資金調達の方法と返済が不要な資金調達の方法があります。
まず、返済不要な資金調達の方法として、自己資金や補助金、あれこれそしてビジネスコンテストなどの賞金、
クラウドファンディングなど返済を伴わない資金調達の方法があります。
補助金に関しては、1月予定の補助金・助成金を活用するというテーマのときにお話いたします。
また、ビジネスコンテストなどの賞金を創業時の資金に充てることが可能な方は少ないのでここでは取り扱いません。
一方、借入金等は創業後返済することが必要となります。
そのため、資金を貸し出す金融機関などは慎重に事業計画や創業者が創業に適した人物かを審査します。

今回は、この自己資金と借入金についてお話し、次回はクラウドファンディングという新しい資金調達についてお話したいと思います。

 では、自己資金についてですが、自己資金がどのくらいあればよいと思いますか?
ある研究所の2014年度の調査によると、創業資金調達額総額に占める自己資金の割合は24%程度です。
ですから、目安として自己資金を創業にかかるお金の3割程度を用意することを目安にしていただければと思います。
しかし、事業には不意の出費がある場合がほとんどですので、4割程度の自己資金を用意することをお勧めします。

 一方、借入金ですが、現在は低金利ですので金利の負担はすくないですが、
借入先金融機関を選別し、制度融資を利用することにより更に有利な資金調達をすることが可能です。

例えば、2016年度の中野区の創業支援資金は、創業を予定されている方と創業して1年以内の方が対象です。
中野区が金利の一部、場合によっては全てを補給しますので大変有利な制度です。
中野区産業振興センターの窓口でご相談されることをお勧めします。

例えば、整骨院を創業されたAさんは、すでに他の店舗で経験を積まれていました。
しかし、自分の店舗を開業するにあたり、金融機関に提出する創業計画の書き方はよくわからなかったそうです。
産業振興センターの窓口に足を運び、様々なアドバイスをもらい無事金融機関からの借入ができました。

このように、中野区の制度融資とはいえ、金融機関や信用保証協会の審査が必要になりますので、
創業計画や収支計画などの提出が望まれますが、作成の助言もしていただけますので安心して相談していただければと思います。

次回は、クラウドファンディングについてお伝えいたします。ご興味の方は是非ご覧いただければ幸いです。
NPO法人中野中小企業診断士会 堀川一

中野区産業振興センターでは、9月7日に「融資を受けるための事業計画書作成のコツ」が開催されます。
日本政策金融公庫の融資担当者として3万社以上の事業計画書を見てきた講師が、裏の裏も踏まえた上でポイントを解説します。ぜひご参加ください

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          3.中野区からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼▼「ビジコンなかの」ビジネスプラン応募受付中!

ビジコンなかのでは、皆さまのビジネスプランを募集しています。最優秀賞(賞金50万円×1件以内)、奨励賞(賞金20万円×2件以内)を表彰するほか、書類審査通過者に対する支援もあります。ぜひ本コンテストに挑戦し、起業や事業拡大のチャンスをつかんでください!

なお、9月6日(水)までに応募の事前申込をされた方には以下の特典がありますので、ぜひご利用ください。
<事前申込特典>
・応募シート記入のポイントがわかる「虎の巻」を進呈
・9月9日(土)開催の虎の巻セミナーへご招待

申込み方法等、コンテストの詳細は事務局ホームページをご覧ください。

◎ビジコンなかの 公式facebookページで最新情報を随時アップ!「いいね!」をポチッとお願いいたします。
https://www.facebook.com/bizconnakano/

<問い合わせ先>
ビジコンなかの事務局(受託事業者:株式会社Y-プロデュース)
電話:045-319-6020(受付:9時~17時、土・日・祝日を除く)
メール:office@bizcon-nakano.tokyo

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://bizcon-nakano.tokyo/

▼▼中小企業診断士による“無料”の出張相談を行っています

中小企業診断士による無料出張経営相談です。夜でも土日祝でも、希望の場所に伺います。(ただし、年末年始(12月29日~1月3日)は除きます。)創業1年後や3年後などのフォローアップ相談も大歓迎です。ぜひご活用ください。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d004635.html

▼▼ビジネスフェア出展費用の一部を補助します

区内産業の振興を図るため、中小企業者が販路拡大を目的とするビジネスフェアに出展する場合に出展費用の一部を補助します。ICT・コンテンツ関連業、またはライフサポート関連事業を営む事業者につきましては、補助率の優遇制度があります。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d016116.html

▼▼中野区産業経済融資をご利用ください

区内中小企業の方が、事業経営の安定や設備の改善などに活用するため、低利で事業資金の融資が受けられるよう、取扱金融機関に対し区が融資をあっ旋しています。
一般融資として、すでにご利用いただいている中野区産業経済融資資金を借り換えとして含めることができる事業資金、また事業資金より本人負担利率が低い小規模企業者の方のみを対象とした小規模特例資金があります。資金が必要な際は、ぜひご活用下さい。
また一般融資よりも本人負担利率が低利な特別融資(ICT・コンテンツ事業者支援資金、ライフサポート支援資金、事業活性化支援資金)もご用意しております。詳細については下記の項目及びURLからそれぞれの融資紹介ページをご覧ください。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d004623.html?path=C1/C60/C63/P4623

▼▼ICT・コンテンツ関連業やライフサポート関連事業の優遇制度をご利用下さい

中野区では、産業発展の契機と見込まれるICT・コンテンツを活用した事業や、ニーズが高まると見込まれるライフサポート関連事業を区内の産業の振興における重点分野と捉えています。これらの事業を営んでいる場合には、より低利な事業資金の融資あっ旋を受けることができます。ぜひご活用下さい。

○ライフサポート事業支援資金はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d016142.html

○ICT・コンテンツ事業者支援資金はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d016702.html

▼▼事業活性化支援資金融資をご利用ください

平成29年度より新しく始まった制度です。
事業の活性化を目的として、「事業継承」や「事業転換」、「事業多角化」に取り組む区内事業者が、金融機関からの事業資金の借り入れに際し、区のあっ旋を受け、取扱い金融機関にお申込みいただくことで区から金利の一部補助が受けることができます。ぜひご活用ください。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d023952.html

▼▼創業支援資金をご利用ください。

中野区内でこれから創業する方や創業して1年未満の方が、金融機関からの事業資金の借入に際し、区のあっ旋を受け、取扱い金融機関にお申込みいただくことで区から金利の一部補助が受けられるものです。創業時の借入負担を軽減し、経営の安定に役立てていただくことを目的としております。ぜひご活用ください。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d014367.html?path=C1/C60/C62/P14367

▼▼区内商店街出店者優遇をご利用ください

中野区産業経済融資の「ICT・コンテンツ事業者支援資金」「ライフサポート事業者支援資金」「事業活性化支援資金」「創業支援資金」について、区内商店街に出店又は立地し、区が指定する各商店会に加入した場合、区負担利率を上乗せ優遇し、本人負担利率を無利子で利用できます。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d004623.html?path=C1/C60/C63/P4623

▼▼中野区の利子補給と東京都の信用保証料補助の併用制度をご利用ください

中野区産業経済融資の「小規模特例資金(中野小口)」「創業支援資金」「事業活性化支援資金(事業承継)」をご利用になられる方は、区の利子補給と都の信用保証料補助を併用できる場合があります。ぜひご活用ください。

○小規模特例資金(中野小口)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d004623_d/fil/6.pdf

○創業支援資金はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d014367_d/fil/3.pdf

○事業活性化支援資金(事業承継)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d023952_d/fil/2.pdf

▼▼【中野区産業経済融資ご利用中の皆さまへ】所在地の変更等は、速やかに金融機関へ届出をしてください

次のケースに該当する場合、金融機関へ必ず届出をしてください。
・事業所の所在地変更(区内移転・区外移転)
・住所変更(個人で区内に住所があることにより利子補給を受けている場合)
・廃業
・法人成り
・吸収・合併
・代表者変更

※区の利子補給の要件から外れていたことの届出が遅れてなされた場合、要件から外れた日以降に区が利子補給を行っていた金額については、金融機関を通じて区に返納していただきます。

○利子補給の要件について詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d004623.html

▼▼求人募集、企業PRが無料でできます!

「ぐっJOBなかの」を使って、求人募集をしてみませんか?正社員やアルバイト、パートや内職など様々な形態の求人情報を掲載できます。また、写真掲載や事業内容紹介により効果的に企業のPRも行うことができます。求人活動や企業のPRに、ぜひご利用下さい!

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.job-nakano.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     4.中野区勤労者サービスセンターからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼▼新規会員募集 会員拡大キャンペーン

勤労者サービスセンターでは商店・事業所で働いている方や
事業主の方々を対象に幅広い福利厚生サービスを実施しています。

7月1日から9月29日までの会員拡大キャンペーン期間内に2名以上入会された新規事業所の方は
「入会プレゼント」を受け取れます。この機会にサービスセンターにご入会を。
詳しくは中野区勤労者サービスセンターへお問い合わせください。

≪加入対象≫
①区内の商店や事業所勤務の方とその事業主
②区内に居住している勤労者の方
③パート、アルバイトも可

≪事業内容≫
①観劇、美術展、遊園地スポーツなどの割引

≪会費≫
1人月500円★入会金200円

※詳しくはこちらから
   ↓↓↓
http://www.nakano-kinrou.or.jp/
Tel:03-3380-6941
Fax:03-3380-6943

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        5.東京信用保証協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東京信用保証協会は、中小企業の皆さまの事業の拡大・発展に貢献するため、11回目となるビジネスフェアを開催いたします。新たなビジネスパートナーとの出会いの場として、また新技術や新商品のPRやビジネス交流の場として、ぜひ本ビジネスフェアをご活用ください。多くの皆さまのご来場を心よりお待ちしています。

【開催概要】
■日 時:平成29年9月28日(木) 10:00~17:00
■会 場:東京国際フォーラム ホールE(千代田区丸の内3-5-1)
■入場料:無料
■内 容:○280企業・団体によるブース展示
     ○出展者プレゼンテーション
     ○特別企画~スポーツを支える中小企業の力~
     ○講演会(※予約不要)
     第1部 11:00~12:30
     「世界経済の潮流と日本の景気を読む」
      講師:株式会社大和総研
        常務執行役員 調査本部 副本部長 チーフエコノミスト
        熊谷 亮丸 氏
     第2部 14:30~16:00
     「日本人が気づかないニッポンのものづくり」
      講師:日本文学研究者
        国文学研究資料館長
         ロバート キャンベル 氏

↓↓詳細につきましては、当協会ホームページの「融合展専用ページ」ならびに「ご招待状」をご覧ください↓↓
◆融合展専用ページ:http://www.cgc-tokyo.or.jp/assistinfo/fair/
◆ご招待状:http://www.cgc-tokyo.or.jp/special_info2017.pdf

【お問い合わせ先】
東京信用保証協会 ビジネスフェア実行委員会事務局
〒104-8470 東京都中央区八重洲2-6-17
TEL 03(3272)2070

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        6.東商中野支部からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<セミナー・交流会のお知らせ>

○『金融機関から見た決算書の読み方と金融機関対策講座』

 日 時:平成29年9月12日(火)14:00~16:00
 場 所:中野区立商工会館3階 大会議室(中野区新井1-9-1)
 詳 細:http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-79730.html

○『取引が変わる?契約が変わる?120年ぶり大改正!
  これだけは知っておきたい民法改正の重要ポイント』

 日 時:平成29年9月20日(水)14:00~16:00
 場 所:中野区立商工会館3階 大会議室(中野区新井1-9-1)
 詳 細:http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-79928.html

バックナンバーはこちらをご覧ください。

これから起業する方や中小企業の経営改善に役立つ業種別のワンポイントアドバイスを掲載しています。

-第56回-
事業に必要な資金を調達する(1)
- 創業資金アラカルト -

創業における資金調達の方法はどのようなものがあるかご存知でしょうか?
返済は必要な資金調達の方法と返済が不要な資金調達の方法があります。
まず、返済不要な資金調達の方法として、自己資金や補助金、あれこれそしてビジネスコンテストなどの賞金、
クラウドファンディングなど返済を伴わない資金調達の方法があります。
補助金に関しては、1月予定の補助金・助成金を活用するというテーマのときにお話いたします。
また、ビジネスコンテストなどの賞金を創業時の資金に充てることが可能な方は少ないのでここでは取り扱いません。
一方、借入金等は創業後返済することが必要となります。
そのため、資金を貸し出す金融機関などは慎重に事業計画や創業者が創業に適した人物かを審査します。

今回は、この自己資金と借入金についてお話し、次回はクラウドファンディングという新しい資金調達についてお話したいと思います。

 では、自己資金についてですが、自己資金がどのくらいあればよいと思いますか?
ある研究所の2014年度の調査によると、創業資金調達額総額に占める自己資金の割合は24%程度です。
ですから、目安として自己資金を創業にかかるお金の3割程度を用意することを目安にしていただければと思います。
しかし、事業には不意の出費がある場合がほとんどですので、4割程度の自己資金を用意することをお勧めします。

 一方、借入金ですが、現在は低金利ですので金利の負担はすくないですが、
借入先金融機関を選別し、制度融資を利用することにより更に有利な資金調達をすることが可能です。

例えば、2016年度の中野区の創業支援資金は、創業を予定されている方と創業して1年以内の方が対象です。
中野区が金利の一部、場合によっては全てを補給しますので大変有利な制度です。
中野区産業振興センターの窓口でご相談されることをお勧めします。

例えば、整骨院を創業されたAさんは、すでに他の店舗で経験を積まれていました。
しかし、自分の店舗を開業するにあたり、金融機関に提出する創業計画の書き方はよくわからなかったそうです。
産業振興センターの窓口に足を運び、様々なアドバイスをもらい無事金融機関からの借入ができました。

このように、中野区の制度融資とはいえ、金融機関や信用保証協会の審査が必要になりますので、
創業計画や収支計画などの提出が望まれますが、作成の助言もしていただけますので安心して相談していただければと思います。

次回は、クラウドファンディングについてお伝えいたします。ご興味の方は是非ご覧いただければ幸いです。
NPO法人中野中小企業診断士会 堀川一

バックナンバーはこちらをご覧ください。