メールマガジンのご購読

メールマガジンのご購読停止

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ インデックス ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【1】【経営者の経営力アップ講座】
    ⇒ 営業資料の作り方
【2】【経営者の経営力アップ講座】
    ⇒ 売れない「あなた」の処方箋!セールス集中治療室
【3】【経営者の経営力アップ講座】
    ⇒ 経営者向けシニア雇用促進セミナー 人手不足の「特効薬」
【4】【健康経営】
    ⇒ オフィス出張ストレッチ
【5】【経営者の経営力アップ講座】
    ⇒ 渡すだけで仕事が取れる「集客名刺」の作り方
【6】2月の『施設使用申込抽選会』
    ⇒ 抽選日は2月1日(金)です
【7】Twitterで個人利用情報等を不定期でお知らせしています。
2.必読!!『経営ワンポイントアドバイス -第90回-』
    ⇒ 上司が部下のやる氣を引き出すために必要な3つのポイント(2)
-部下が勝手にやる氣になる環境作り-
3.中野区からのお知らせ
    ⇒ ★「どこでも出張相談」中小企業診断士による“無料”の出張相談を行っています
    ⇒ ★ビジネスフェア出展費用の一部を補助します
    ⇒ ★求人支援サイト「ぐっJOBなかの」のお知らせ
    ⇒ ★東京都最低賃金について
    ⇒ ★中野区産業経済融資をご利用ください
    ⇒ ★ICT・コンテンツ関連業やライフサポート関連事業の優遇制度をご利用下さい
    ⇒ ★事業活性化支援資金融資をご利用ください
    ⇒ ★創業支援資金をご利用ください
    ⇒ ★区内商店街出店者優遇をご利用ください
    ⇒ ★中野区の利子補給と東京都の信用保証料補助の併用制度をご利用ください
    ⇒ ★【中野区産業経済融資ご利用中の皆さまへ】所在地の変更等は、速やかに金融機関へ届出をしてください
    ⇒ ★マル経融資利子補給のご案内
4.中野区勤労者サービスセンターからのお知らせ
    ⇒ ★勤労者サービスセンター会員募集中!
5.東京信用保証協会からのお知らせ
    ⇒ ◆東京信用保証協会から「健康DS保証」のご案内
6.東商中野支部からのお知らせ
    ⇒ ◆セミナー・相談会・視察会等のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       1.中野区産業振興センターからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】『経営者の経営力アップ講座』
≪講座名≫
 営業資料の作り方
≪開催日時≫
 平成31年2月6日(水) 
 午後6時30分〜午後8時30分(受付開始時間:午後6時00分)
≪概要≫
 商談の場で威力を発揮する「営業資料の作り方」についてお話します。HP作成にも生かすことができます。
≪講師≫
 野竿 達彦
≪参加料≫
 無料
≪応募方法≫
 電話・FAX・産業振興センター2F窓口・ホームページ

【2】『経営者の経営力アップ講座』
≪講座名≫
 売れない「あなた」の処方箋!セールス集中治療室
≪開催日時≫
 平成31年2月20日(水) 
 午後6時30分〜午後8時30分(受付開始時間:午後6時00分)
≪概要≫
 今まで努力や根性でセールスに挑んでいたあなたにすぐに使えるトークのコツを実践ワークで習得します。
≪講師≫
 二戸 由起子
≪参加料≫
 無料
≪応募方法≫
 電話・FAX・産業振興センター2F窓口・ホームページ

【3】『経営者の経営力アップ講座』
≪講座名≫
 経営者向けシニア雇用促進セミナー 人手不足の「特効薬」
≪開催日時≫
 平成31年2月21日(木) 
 午後6時30分〜午後8時30分(受付開始時間:午後6時00分)
≪概要≫
 シニア雇用の活用方法と留意点について、3人の専門家がそれぞれの事例をまじえて説明します。
≪講師≫
 根本 明、野口 司、新川 政信
≪参加料≫
 無料
≪応募方法≫
 電話・FAX・産業振興センター2F窓口・ホームページ

【4】『健康経営』
≪講座名≫
 中小企業への出張オフィスストレッチ
≪開催日時≫
 平成31年2月12日~22日のうち平日の何れか1日 時間要相談
≪概要≫
 肩こり・腰痛改善ストレッチ、リフレッシュヨガなどを区内事業所のオフィス内でスポーツクラブ講師に学びます。
 日時、運動内容、定員などは相談して決定します。
≪講師≫
 株式会社東京アスレティッククラブ
≪募集人数≫
 1月15日(火)から1月29日(火)までにお申込みを受けた中から抽選で1社
≪参加料≫
 無料
≪応募方法≫
 電話・FAX・産業振興センター2F窓口・ホームページ

【5】『経営者の経営力アップ講座』
≪講座名≫
 渡すだけで仕事が取れる「集客名刺」の作り方
≪開催日時≫
 平成31年3月6日(水) 
 午後6時30分〜午後8時30分(受付開始時間:午後6時00分)
≪概要≫
 「名刺交換」が「仕事獲得」のチャンスに変わる!超有能な名刺の秘密!
≪講師≫
 中村 美里
≪参加料≫
 無料
≪応募方法≫
 電話・FAX・産業振興センター2F窓口・ホームページ

【6】2月の『施設使用申込抽選会』のご案内
■開催日
 2月1日(金)
■抽選会受付時間
 体育施設等  5月分 午前8時45分~午前9時00分
 会議室等   4月分 午前9時45分~午前10時00分
■会場
 産業振興センター内 3階 大会議室

【7】Twitterで体育室、小体育室の個人利用情報等を不定期でお知らせしています。
 ぜひ、フォローしてください。

 中野区産業振興センター (@nakanossc)
 https://twitter.com/nakanossc

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         2.経営ワンポイントアドバイス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-第90回-
上司が部下のやる氣を引き出すために必要な3つのポイント(2)
-部下が勝手にやる氣になる環境作り-

前回は、部下のやる氣を引き出すためには上司の『在り方』が重要で、『見本』『信頼』『支援』のキーワードを意識して部下とコミュニケーションを取ることをお勧めしました。

管理職というと部下をコントロールする役割のように捉えがちですが、私は『部下が力を発揮できる環境を整える(管理する)役割』を担っている人と定義しています。

究極は、上司があれやこれやと言うまでもなく、社員が自らが目標を設定して行動し、成果を出しながら成長していくことでしょう。理想論だと思いますか?

私は社員が会社を通じて実現したい夢を語るプレゼンテーションを作成することで、自律的な社員を育成する研修の講師として関わっています。最初は会社に通勤する環境に文句を言っていた人が社会貢献に繋がる大きな事業を考えるように変わっていくような姿を見てきました。

会社の事業を通じて実現したい『自分の夢』を見つけた社員は自らが率先して動き、成長していきます。

(事例)社員の夢が新規事業に繋がったA社
A社は、中古品の販売を行っています。社長の肝いりで社員が会社を通じて夢を語るプレゼンテーション大会を実施。代表者数名がプレゼンテーションを行いました。当初は、会社の体制に対する不満などが出ていましたが次第に自分達の夢が明確になりました。社員がどんどんやる氣になっていきます。
プレゼンテーション大会当日は「社員がこんなにも会社の事を考えてくれた」と社長が号泣。社員の一人が語った夢がそのまま新規事業として採用されました。

(事例)廃業の危機を古参社員が救ったB社
B社は、親族経営の工務店です。縁があって複数の企業が合同で実施したプレゼンテーション大会に参加しました。そこにB社の代表して古参の職人が参加していました。当初は講座への参加にも消極的でしたが、自分の夢が明確になってくるにつれて姿勢が前のめりになってきました。それからしばらくして会社が存続出来るかどうかの危機が訪れ、社長は廃業を検討していました。その時「自分の夢を叶えたいから頑張りましょう」と存続の後押しをしたのは夢を語った職人でした。

部下が勝手にやる氣になる環境を作るのは容易なことではありません。しかし、会社の理念や社長の思いに社員が共感し、会社の事業を通じて実現したい自分の夢を重ねた時、それは大きなパワーになります。社員個人の価値観に適合した仕事に対しては、自分で勝手に成果を出していくのです。

まずは部下の夢を聞いてください。そして自分の夢を語ってください。上司と部下がお互いに夢を語り合える環境作り、コミュニケーションが初めの一歩になります。

NPO法人中野中小企業診断士会 鈴木佳文

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          3.中野区からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼▼「どこでも出張相談」中小企業診断士による“無料”の出張相談を行っています

区内中小企業経営者の皆様が抱える経営上の悩みについて、中小企業診断士による無料の出張経営相談を行います。土・日・祝日を含むご希望日(年末年始(12月29日~1月3日)を除く)の8時~23時の間、中野区内であれば店舗や事務所、喫茶店等どこでもお伺いします。
相談内容は「販路の拡大について」「求人・労務管理」「広告・集客の手法」などなど経営に関する内容を幅広くお受けします。また、創業1年後や3年後などのフォローアップ相談も大歓迎です。ぜひご活用ください。

【申し込み】(いずれも平日9:00~17:00に受付、③については休日や17時以降に送られた場合、翌営業日の対応となります。)
①中野区産業振興センター2階(中野区中野2-13-14)に来所
②電話:03-3380-6947
③FAX:03-3380-6949(申込書は下記URLからダウンロードできます。)

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d004635.html

▼▼ビジネスフェア出展費用の一部を補助します

平成30年度及び平成31年度の2年間限定で補助限度額を2万円増額します!自社製品やサービスを広くPRするチャンスです!
区内産業の振興を図るため、中小企業者が販路拡大を目的とするビジネスフェアに出展する場合に出展費用の一部(対象経費の1/2以内、最大で60,000円)を補助します。ICT・コンテンツ関連業、またはライフサポート関連事業を営む事業者につきましては、補助率の優遇制度(対象経費の3/4以内、最大90,000円の補助)があります。是非ご活用ください。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d016116.html

▼▼求人支援サイト「ぐっJOBなかの」のお知らせ

中野区が運営する求人支援サイト「ぐっJOBなかの」で求人募集をしてみませんか?
利用無料で求人情報を掲載できます。月平均約20,000件以上のアクセスがあり、スマートフォンにも対応しているので、
多くの方に貴社の求人情報をお届けできます。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.job-nakano.net

○登録はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.job-nakano.net/users/login

▼▼東京都最低賃金について

平成30年10月1日より東京都最低賃金が時間額958円から27円引き上がり、時間額985円となりました。
最低賃金制度は年齢やパート・学生アルバイトなどの働き方の違いにかかわらず、すべての労働者に適応されます。
最低賃金の遵守をお願いします。

詳しくは東京労働局または厚生労働省のホームページをご覧ください。

○東京労働局はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/news_topics/topics/2011/20110805001_00003.html
○厚生労働省はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://pc.saiteichingin.info/

▼▼中野区産業経済融資をご利用ください

区内中小企業の方が、事業経営の安定や設備の改善などに活用するため、低利で事業資金の融資が受けられるよう、取扱金融機関に対し区が融資をあっ旋し、利子補給を行っています。
一般融資として、最大3,000万円までを本人負担利率1.3%で利用できる事業資金、また事業資金より本人負担利率が低利な0.8%で最大2,000万円まで利用できる小規模企業者の方を対象とした小規模特例資金があります。資金が必要な際は、ぜひご活用下さい。
さらに一般融資よりも本人負担利率が低利な0.4%で利用できる特別融資(ICT・コンテンツ事業者支援資金、ICT・コンテンツ事業者支援資金(小口)、ライフサポート事業支援資金、ライフサポート事業支援資金(小口)、事業活性化支援資金、事業活性化支援資金(小口))もご用意しております。詳細については下記の項目及びURLからそれぞれの融資紹介ページをご覧ください。
○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d004623.html?path=C1/C60/C63/P4623

▼▼ICT・コンテンツ関連業やライフサポート関連事業の優遇制度をご利用ください

中野区では、産業発展の契機と見込まれるICT・コンテンツを活用した事業や、ニーズが高まると見込まれるライフサポート関連事業を区内の産業の振興における重点分野と捉えています。これらの事業を営んでいる場合には、区が利子補給を行い本人負担利率0.4%で事業資金の融資あっ旋を受けることができます。ぜひご活用下さい。

○ライフサポート事業支援資金、ライフサポート事業支援資金(小口)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d016142.html

○ICT・コンテンツ事業者支援資金、ICT・コンテンツ事業者支援資金(小口)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d016702.html

▼▼事業活性化支援資金融資をご利用ください

事業の活性化を目的として、「事業継承」や「事業転換」、「事業多角化」に取り組む区内事業者が、金融機関からの事業資金の借り入れに際し、区のあっ旋を受け、取扱い金融機関にお申込みいただくことで、区が利子補給を行い本人負担利率0.4%で事業資金の融資あっ旋を受けることができます。ぜひご活用ください。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d023952.html

▼▼創業支援資金をご利用ください。

中野区内でこれから創業する方や創業して1年未満の方が、金融機関からの事業資金の借入に際し、区のあっ旋を受け、取扱い金融機関にお申込みいただくことで、区が利子補給を行い本人負担利率0.2%で事業資金の融資あっ旋を受けることができます。創業時の借入負担を軽減し、経営の安定に役立てていただくことを目的としております。ぜひご活用ください。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d014367.html?path=C1/C60/C62/P14367

▼▼区内商店街出店者優遇をご利用ください

中野区産業経済融資の「ICT・コンテンツ事業者支援資金(小口を含む)」「ライフサポート事業者支援資金(小口を含む)」「事業活性化支援資金(小口を含む)」「創業支援資金」について、区内商店街に出店又は立地し、区が指定する各商店会に加入した場合、区負担利率を上乗せ優遇し、本人負担利率を無利子で利用できます。

○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d004623.html?path=C1/C60/C63/P4623

▼▼中野区の利子補給と東京都の信用保証料補助の併用制度をご利用ください

中野区産業経済融資の「小規模特例資金(中野小口)」「ICT・コンテンツ事業者支援資金(小口)」「ライフサポート事業支援資金(小口)」「事業活性化支援資金(小口)」「事業活性化支援資金(事業承継)」「創業支援資金」をご利用になられる方は、区の利子補給と都の信用保証料補助を併用できる場合があります。ぜひご活用ください。

○小規模特例資金(中野小口)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d004623_d/fil/6.pdf

〇ICT・コンテンツ事業者支援資金(小口)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d016702.html?path=C1/C60/C63/P16702

〇ライフサポート事業支援資金(小口)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d016702.html?path=C1/C60/C63/P16142

○事業活性化支援資金(小口)、事業活性化支援資金(事業承継)はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d023952_d/fil/2.pdf

○創業支援資金はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d014367_d/fil/3.pdf

▼▼【中野区産業経済融資ご利用中の皆さまへ】所在地の変更等は、速やかに金融機関へ届出をしてください

中野区産業経済融資ご利用中の方で、次のケースに該当する場合は速やかに金融機関へ届出をしてください。
・事業所の所在地変更(区内移転・区外移転)
・住所変更(個人で区内に住所があることにより利子補給を受けている場合)
・廃業
・法人成り
・吸収・合併
・代表者変更

※区の利子補給の要件から外れていたことの届出が遅れてなされた場合、要件から外れた日以降に区が利子補給を行っていた金額については、金融機関を通じて区に返納していただきます。

○利子補給の要件について詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d004623.html

▼▼マル経融資利子補給のご案内

マル経融資制度により融資を受けた小規模事業者に対して支払利子の額の50%を36か月間利子補助します。利子補給は毎年1月から12月分をまとめて翌年の3月に確定してお支払します。
マル経融資制度とは経営改善を行う小規模事業者の方が、東京商工会議所の経営指導と推薦を受けることにより、無担保・保証人不要(信用保証協会の保証も不要)で利用できる国(日本政策金融公庫)の公的融資制度です。

マル経融資の申し込み、利子補給の申請は東京商工会議所中野支部となります。
必要書類や申請手続きなど詳細については東京商工会議所中野支部までお問い合わせください。

【お問い合わせ先】
東京商工会議所中野支部
電話番号:03-3389-1241
○詳しくはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.tokyo-cci.or.jp/nakano/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     4.中野区勤労者サービスセンターからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼▼勤労者サービスセンター会員募集中!

福利厚生の充実に会員制の勤労者サービスセンターを利用してみませんか。
おひとり、入会金200円と会費月額500円で、レジャー施設や映画鑑賞の
利用補助、観劇・スポーツなどのチケットの割引あっせんなどを利用頂け
ます。事業所単位でも、個人でも加入できます。

事業主が入会金と会費を負担したときは、税法上損金または必要経費として
処理できます。

○詳しくはこちらから(中野区勤労者サービスセンターホームページ)
↓↓↓
http://www.nakano-kinrou.or.jp/
Tel:03-3380-6941

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        5.東京信用保証協会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼▼東京信用保証協会から「健康DS保証」のご案内

◎「健康企業応援・ダイバーシティ推進保証制度」(健康DS保証)
従業員の健康増進に取り組む「健康企業経営」や、多様な人材が活躍する「ダイバーシティ経営」の推進等に積極的に取り組む中小企業のみなさまの成長・発展を応援する保証制度です。
【制度の特徴】
1.通常の保証料率(※)より15%低減した料率を適用します。
2.資金使途は運転資金でも設備資金でもご利用いただけます。
3.資金使途にかかわらず、融資期間は最長10年までご利用いただけます。
※無担保1,000万円超の場合の一般保証料率
◆取扱期限:平成31年3月31日(当協会保証申込受付分)まで
◆リーフレットはこちら:http://www.cgc-tokyo.or.jp/leaflet/cgc_kenkoDShosyou.pdf

◎ご利用いただける方、融資限度額や必要書類など各保証制度の詳細につきましては、当協会の新宿支店までお気軽にお問い合わせください。

■お問い合わせ先
東京信用保証協会 新宿支店
電話:03(3344)2251
店舗のご案内:http://www.cgc-tokyo.or.jp/about/branch/shinjuku.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        6.東商中野支部からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 <セミナー・相談会・視察会等のお知らせ>

○インバウンドおもてなしセミナー
     ~外国人顧客の満足度向上で口コミ、リピートの増加を図る~

 日 時:平成31年2月14日(木)14:00~16:00
 場 所:中野区立商工会館3階 大会議室(中野区新井1-9-1)
 詳 細:http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-89663.html

○NAKANOビジネス交流会

 日 時:平成31年2月20日(水)11:30~13:30
 場 所:中野区立商工会館3階 大会議室(中野区新井1-9-1)
 詳 細:http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-90120.html
 会 費:会員 3,000円(税込)  一般 5,000円(税込)

○~中小企業のグローバル化の切り札~「 外国人留学生が中小企業を救う!」

 日 時:平成31年3月6日(水)14:00~16:00
 場 所:中野区産業振興センター3階 大会議室(中野区中野2-13-14)
 詳 細:http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-89649.html

≪申込≫:詳細HPの申込ページからお申込みいただくか、開催案内を印刷の上
     必要事項をご記入いただきFAX(03-3319-0381)でご送付ください。

バックナンバーはこちらをご覧ください。

これから起業する方や中小企業の経営改善に役立つ業種別のワンポイントアドバイスを掲載しています。

-第90回-
上司が部下のやる氣を引き出すために必要な3つのポイント(2)
-部下が勝手にやる氣になる環境作り-

前回は、部下のやる氣を引き出すためには上司の『在り方』が重要で、『見本』『信頼』『支援』のキーワードを意識して部下とコミュニケーションを取ることをお勧めしました。

管理職というと部下をコントロールする役割のように捉えがちですが、私は『部下が力を発揮できる環境を整える(管理する)役割』を担っている人と定義しています。

究極は、上司があれやこれやと言うまでもなく、社員が自らが目標を設定して行動し、成果を出しながら成長していくことでしょう。理想論だと思いますか?

私は社員が会社を通じて実現したい夢を語るプレゼンテーションを作成することで、自律的な社員を育成する研修の講師として関わっています。最初は会社に通勤する環境に文句を言っていた人が社会貢献に繋がる大きな事業を考えるように変わっていくような姿を見てきました。

会社の事業を通じて実現したい『自分の夢』を見つけた社員は自らが率先して動き、成長していきます。

(事例)社員の夢が新規事業に繋がったA社
A社は、中古品の販売を行っています。社長の肝いりで社員が会社を通じて夢を語るプレゼンテーション大会を実施。代表者数名がプレゼンテーションを行いました。当初は、会社の体制に対する不満などが出ていましたが次第に自分達の夢が明確になりました。社員がどんどんやる氣になっていきます。
プレゼンテーション大会当日は「社員がこんなにも会社の事を考えてくれた」と社長が号泣。社員の一人が語った夢がそのまま新規事業として採用されました。

(事例)廃業の危機を古参社員が救ったB社
B社は、親族経営の工務店です。縁があって複数の企業が合同で実施したプレゼンテーション大会に参加しました。そこにB社の代表して古参の職人が参加していました。当初は講座への参加にも消極的でしたが、自分の夢が明確になってくるにつれて姿勢が前のめりになってきました。それからしばらくして会社が存続出来るかどうかの危機が訪れ、社長は廃業を検討していました。その時「自分の夢を叶えたいから頑張りましょう」と存続の後押しをしたのは夢を語った職人でした。

部下が勝手にやる氣になる環境を作るのは容易なことではありません。しかし、会社の理念や社長の思いに社員が共感し、会社の事業を通じて実現したい自分の夢を重ねた時、それは大きなパワーになります。社員個人の価値観に適合した仕事に対しては、自分で勝手に成果を出していくのです。

まずは部下の夢を聞いてください。そして自分の夢を語ってください。上司と部下がお互いに夢を語り合える環境作り、コミュニケーションが初めの一歩になります。

NPO法人中野中小企業診断士会 鈴木佳文

バックナンバーはこちらをご覧ください。